ジョブのスケジュール

ジョブのスケジュール機能を使用すると、データ・ロード・ルールの実行回数を調整できます。

注:

「スケジュールの取消」を使用してデータ管理ユーザー・インタフェースからジョブを取り消すと、ルールのスケジュールの全インスタンスが取り消されます。ルールの個々のスケジュールを選択的に取り消すことはできません。


イメージは「スケジュール」画面を示します。

ジョブをスケジュールするには:

  1. 「バッチ実行」画面または「データ・ロード・ルール」画面でバッチ名(「バッチ実行」画面または「データ・ロード」画面)を選択し、「スケジュール」をクリックします。
  2. 「スケジュール」で、任意のルール固有のオプションを選択します。

    たとえば、「スケジュール」オプションを「データ・ロード・ルール」画面から選択した場合、「ソースからインポート」、「再計算」、「ターゲットにエクスポート」などのオプションを指定します。

  3. スケジュールのタイプを指定し、関連する日時のパラメータを選択します。

    表4-1を参照してください。

  4. 「OK」をクリックします。

表4-1 スケジュール・タイプおよびパラメータ

スケジュール・タイプ 日時のパラメータ
単純

繰返しはしないが、特定の日時に実行するジョブを送信します。

使用可能なオプション:

  • タイムゾーン

  • 日付

  • 時間

  • 選択(午前/午後)

時間ごと

取り消されるまで、毎時間指定した分/秒に実行します。

使用可能なオプション:

  • タイムゾーン

毎日

毎日、同じ時間に実行します。

使用可能なオプション:

  • タイムゾーン

  • 時間

  • 選択(午前/午後)

毎週

選択した曜日ごとに、特定の時間に実行します。

使用可能なオプション:

  • タイムゾーン

  • 月曜日 - 日曜日

  • 時間

  • 選択(午前/午後)

毎月(日)

毎月の選択した日ごとに、特定の時間に実行します。「月の最終日」または「月末の前日」を選択することもできます。

使用可能なオプション:

  • タイムゾーン

  • 時間

  • 選択(午前/午後)

毎月(曜日)

第1日、2日、3日、4日、5日、最終日を選択してから、ジョブを実行する特定の日または週を選択できます。

使用可能なオプション:

  • 時間

  • 選択(午前/午後)

注:

「タイムゾーン」オプションは、「毎月(曜日)」スケジュール・タイプに対して使用できません。