データ・ロード時のビジネス・ルールの実行

計算や集約を実行するビジネス・ルールがターゲット・アプリケーションに登録されている場合、それらのビジネス・ルールが実行されるか、データが別のプラン・タイプにコピーされます。

計算スクリプトを実行するビジネス・ルールや、Groovyスクリプトを実行するビジネス・ルールを実行できます。ビジネス・ルールの設計と作成の詳細は、 Oracle Enterprise Performance Management Cloud Calculation Managerでの設計ビジネス・ルールの設計を参照してください。

Groovyルールを使用して、増分ロードされたデータを計算する方法についてさらに学習するには、次のチュートリアル・ビデオを視聴してください。

ビデオ・アイコン データ管理でのGroovyルールを使用した増分ロードされたデータの計算.

次の点に注意してください。

  • ビジネス・ルールは、「ターゲット・アプリケーション」オプションで登録します。

  • ビジネス・ルールは、Planningアプリケーションでのみ使用可能です。

  • データ管理から実行する場合、実行時プロンプトを使用するビジネス・ルールはサポートされていません

  • ビジネス・ルールは、データ・ロード方法として「すべてのデータ型」を選択した場合にのみ実行されます。数値データのみの場合は、実行されません。

    すべてのデータ型のロード方法を使用すると、次のデータ型がサポートされるデータ・ファイルをPlanningにロードできます:

    • 数値

    • テキスト

    • スマートリスト

    • 日付

    詳細は、すべてのデータ型データ・ロードを参照してください。

  • ビジネス・ルールは、アプリケーション・スコープに割り当てることも、特定のデータ・ロード・ルールに割り当てることもできます。