バースト宛先ファイルについて

バースト宛先ファイルには、スケジュールしたバッチのデフォルト設定が含まれます。バッチ・スケジューラを使用して、デフォルト設定を定期的に確認できます。スケジュールしたバッチの出力および権限の例外を指定するために、CSVファイルとしてバースト・ファイルをエクスポートし、バッチ・スケジューラで定義されたデフォルト設定をオーバーライドできます。CSVバースト宛先ファイルのメンバー設定は、バッチ・スケジューラのメンバー選択に追加できます。たとえば、選択したメンバーに基づいて一部のレポートに別のサブフォルダを指定したり、一部のレポートを読取り専用にしたりできます。選択したディメンションで有効なメンバーのみがバースト・ファイルに追加されます。

現行バッチのバースト宛先ファイルを編集するには、Planningサービス管理者またはPlanningパワー・ユーザーがファイルをテキスト・エディタまたはExcelへエクスポートし、すでに表示されていなければメンバーを入力し、表内の値を編集します。ディメンション内の各メンバーの値は、サブフォルダ名、Financial Reportingオブジェクト名、電子メール・アドレス、グループ名、役割名、ユーザー名、PDFの外部ルート・フォルダです。

完了したら、ファイルをリポジトリにインポート(「ファイル」「インポート」「ファイル」の順に選択)する必要があります。そこでバッチ・スケジューラ内のバッチに適用できます。

注:

  • CSVファイル内のメンバー名は大文字と小文字が区別され、データ・ソース内のメンバー名と一致する必要があります。ファイル内のメンバー名の大小文字がデータ・ソース内のものと異なる場合、バーストで電子メールが生成されません。
  • 送信者の電子メール・アドレスは、Financial Reportingバッチ・スケジューラからの servicename <no.reply@oraclecloud.com>です。

CSVバースト・ファイルを作成してリポジトリにインポートする場合、それをスケジュール・バッチ用に選択できます。