データベース接続マネージャ

データベース接続マネージャを使用すると、レポート、ブック、保存済レポート・オブジェクト(行/列のテンプレート、グリッド)、バッチおよびスケジュール済バッチを管理できます。

データベース接続マネージャは、各データベース接続に関する次の情報を提供します。

  • 名前—データベース接続を作成したユーザーがその接続に割り当てた名前

    たとえば、Vision:Plan1Vision:Plan2またはVis1ASO

  • —アプリケーションおよびデータベース名

    たとえば、アプリケーションがVisionで、データベース名がPlan1の場合、値はVision:Plan1です。

注:

Oracle Fusion General Ledgerは、Essbaseのみをデータベースとして使用します。

ユーザーは、Reporting Studioでレポートにグリッドを追加するときなどに、要求されたら既存のデータベース接続を選択できます。データベース接続は、データベース名、ID、パスワードおよびデータソースによって異なるいくつかの値で構成されます。

注:

Oracle Enterprise Performance Management Cloudは、ネイティブ・データベース接続のみをサポートします。EPM Cloud内の基礎となるEssbaseキューブへの直接接続はサポートされていません