ハイパーリンクおよびFRExecuteの動作の処理

Microsoft Wordのリンクの動作は、関連コンテンツの動作に非常に似ています。ブック・エディタでは、章レベルで「HTMLの目次に関連コンテンツを含める」オプションを使用して、.docまたは.htmlタイプの章でハイパーリンクを処理する方法を制御できます。

FRExecuteレポートに関連コンテンツが含まれる場合、「FRExecute処理の有効化」を使用すると「HTMLの目次に関連コンテンツを含める」との依存関係が存在します。次の表に、ハイパーリンクおよび関連コンテンツを含むFRExecuteの予期される動作を示します:

注:

.docまたは.htmlドキュメントにFRExecuteおよびハイパーリンクが含まれない場合、「FRExecute処理の有効化」および「HTMLの目次に関連コンテンツを含める」の設定は不要です。

ケース1: .docまたは.htmlドキュメントに、関連コンテンツがあるFRExecuteおよびハイパーリンクが含まれる

表5-2  .docおよび.htmlドキュメントに、関連コンテンツがあるFRExecuteおよびハイパーリンクが含まれる

If: 組込みコンテンツ処理の有効化 = はい 組込みコンテンツ処理の有効化 = いいえ HTMLの目次に関連コンテンツを含める - はい HTMLの目次に関連コンテンツを含める - いいえ Then: 次が処理されます:
  X   X  
  • FRExecuteおよびその関連コンテンツ

  • ハイパーリンク

  X     X
  • FRExecute

  • ハイパーリンク

    X X  

ハイパーリンク

    X   X

(処理は行われません)

表5-3 .docおよび.htmlドキュメントに、関連コンテンツがあるFRExecuteが含まれ、ハイパーリンクは含まれない

If: 組込みコンテンツ処理の有効化 = はい 組込みコンテンツ処理の有効化 = いいえ HTMLの目次に関連コンテンツを含める - はい HTMLの目次に関連コンテンツを含める - いいえ Then: 次が処理されます:
  X   X  

FRExecuteおよびその関連コンテンツ

  X     X

FRExecute (関連コンテンツなし)

    X X  

(処理は行われません)

    X   X

(処理は行われません)

表5-4 .docおよび.htmlドキュメントに、ハイパーリンクのみが含まれる

If: 組込みコンテンツ処理の有効化 = はい 組込みコンテンツ処理の有効化 = いいえ HTMLの目次に関連コンテンツを含める - はい HTMLの目次に関連コンテンツを含める - いいえ Then: 次が処理されます:
  X   X   ハイパーリンク
  X     X

(処理は行われません)

    X X   ハイパーリンク
    X   X

(処理は行われません)

次の条件に該当する場合:

  • FRExecute処理の有効化 = はい

  • HTMLの目次に関連コンテンツを含める = はい

FRExecuteの関連コンテンツおよびハイパーリンクが処理されます。

次の条件に該当する場合:

  • FRExecute処理の有効化 = はい

  • HTMLの目次に関連コンテンツを含める = はい

FRExecuteの関連コンテンツおよびハイパーリンクが処理されます。

次の条件に該当する場合:

  • FRExecute処理の有効化 = はい

  • HTMLの目次に関連コンテンツを含める = はい

FRExecuteの関連コンテンツおよびハイパーリンクが処理されます。

次の条件に該当する場合:

  • FRExecute処理の有効化 = はい

  • HTMLの目次に関連コンテンツを含める = はい

FRExecuteの関連コンテンツおよびハイパーリンクが処理されます。