PlanningPlanningモジュールFinancial Consolidation and CloseおよびTax Reportingアプリケーション役割

次の役割は、PlanningPlanningモジュールFinancial Consolidation and CloseおよびTax Reportingビジネス・プロセスのみに適用されます。

デフォルトでは、これらのアプリケーション役割はいくつかの事前定義済役割に適用されます。Planning、Planningモジュール、Financial Consolidation and CloseおよびTax Reportingの事前定義済役割マッピングを参照してください。ユーザーが割り当てられた事前定義済役割から受け取る権限を超えて機能を実行する必要がある場合は、適切なアプリケーション役割をユーザーに割り当てます。たとえば、デフォルトでは、サービス管理者およびパワー・ユーザーのみがデータ管理にアクセスしてデータ統合プロセスを実行できます。ユーザーまたは参照者の事前定義済役割を持つユーザーが統合プロセスに参加できるようにするため、サービス管理者データ管理の役割(「統合の作成」、「統合の実行」および「ドリルスルー」)をそのユーザーに割り当てる必要があります。

承認管理者

手動でプロセスの所有権を取得して、承認の問題を解決します。承認所有権割当て者、承認プロセス・デザイナ、承認スーパーバイザといった役割が含まれます。

通常、この役割は、地域を担当し、その地域の承認プロセスを制御する必要はあるが、サービス管理者の役割は必要としないビジネス・ユーザーに割り当てられます。次のタスクを行います:

  • 承認プロセスの制御
  • 書込みアクセス権を持つPlanningユニットに対するアクションの実行
  • 担当内の組織の所有者とレビュー担当者の割当て
  • 副ディメンションの変更または検証ルールの更新

承認所有権割当て者

ユーザーが書込みアクセス権を持つプランニング・ユニット階層のメンバーに対して次のタスクを実行します:

  • 所有者の割当て
  • レビュー担当者の割当て
  • 通知対象のユーザーの指定

承認プロセス・デザイナ

承認所有権割当て者役割が含まれます。さらに、書込みアクセス権を持つプランニング・ユニット階層のメンバーに対して次のタスクを実行します。

  • 副ディメンションと書込みアクセス権を持つエンティティのメンバーの変更
  • プランニング・ユニット階層のシナリオとバージョン割当ての変更
  • ユーザーがアクセス権を持つデータ・フォームのデータ検証ルールの編集

承認スーパーバイザ

プランニング・ユニットを所有していない場合でも、ユーザーが書込みアクセス権を持つプランニング・ユニット階層のメンバーに対して次のタスクを実行します。このユーザーは、所有していないプランニング・ユニットのデータは変更できません。

  • プランニング・ユニットの停止と開始
  • プランニング・ユニットに対する任意のアクション

アドホック・グリッド作成者

アド・ホック・グリッドの作成、表示、変更および保存を行います。

アド・ホック・ユーザー

アド・ホック・グリッドの表示や変更およびアド・ホック操作を行います。アド・ホック・ユーザーはアド・ホック・グリッドを保存できません。

アドホック読取り専用ユーザー

すべてのアド・ホック機能を実行しますが、アド・ホック・グリッドに書き戻したり、Data Managementを使用してデータをロードしたりすることはできません。

Calculation Manager管理者

Calculation Managerを管理します。

一括割当て

フォーム・グリッド内で一括割当てルールを実行します。

タスク・リスト・アクセス・マネージャ

他のユーザーにタスクを割り当てます。

統合の作成

Data Managementを使用して、ソース・システムとターゲット・システム間でデータを統合するマッピングを作成します。ユーザーは様々な実行時オプションを使用してデータ・ルールを定義できます。

統合の実行

Data Managementから、実行時パラメータを使用してデータ・ルールを実行し、実行ログを表示します。

ドリル・スルー

データのソース・システムへドリル・スルーします。