重要な考慮事項

注:

Essbase移行スナップショットをOracle Enterprise Performance Management Cloud環境に移行することによって、フリー・フォーム・アプリケーションを作成しようとしないでください。移行は、以前のフリー・フォーム・アプリケーションから作成されたスナップショットに対してのみサポートされています。

  • カスタム定義関数(CDF)およびCDF参照が含まれているEssbaseスナップショットは、フリー・フォーム・アプリケーションの作成には使用できません。

  • 使用しているOTLファイルまたはEssbaseアプリケーション・スナップショットに、システムにより制限されている名前のオブジェクトが含まれていないことを確認してください(たとえば、年ディメンションでのFY02という名前のメンバーなど)。アプリケーションの作成に使用する予定のOTLファイルまたはスナップショットを生成する前に、このような制限されている名前を変更または削除する必要があります。命名規則を参照してください。

  • 使用しているOTLファイルまたはEssbaseアプリケーション・スナップショットに、80文字を超えるメンバー名および別名が含まれていないことを確認してください。メンバー名および別名が80文字を超える場合は、それらを削除するか、短くする必要があります。そうしないと、インポートは成功しません。命名規則を参照してください。

  • EPM Cloud環境に保存されているOTLファイルまたはスナップショットをソースとして使用する場合は、アプリケーション作成プロセスを開始する前にファイルをアップロードします。

    uploadFile EPM自動化ユーティリティ・コマンドまたは移行を使用してOTLファイルまたはスナップショットをEPM Cloud環境にアップロードします。

  • インポートされたデータは、フリー・フォーム・アプリケーションでは編集できない場合があります。データが読取り専用に設定されることがあります。