フリー・フォーム・アプリケーションのソース

グラフィカル・ウィザードを使用してディメンションを作成することによって、フリー・フォーム・アプリケーションを構築できます。または、オンプレミス・リリース11.1.2.4.400の単一キューブEssbaseアプリケーションのアウトライン・ファイルまたはスナップショットを使用して、フリー・フォーム・アプリケーションを作成できます。

アプリケーションのソースとしてアウトライン(OTL)ファイルまたはEssbaseアプリケーション・スナップショットを使用する場合、「勘定科目」、「期間」(時間)および「エンティティ」(国)ディメンションが自動で作成されマップされます。さらに、Essbaseアプリケーションの「バージョン」および「シナリオ」ディメンションがカスタム・ディメンションとして作成されます。その結果、即時利用可能なワークフロー機能はフリー・フォーム・アプリケーションではサポートされません。

サービス管理者が、グラフィカル・ウィザードまたは次のソースを使用してフリー・フォーム・アプリケーションを構築します:

  • オンプレミス・リリース11.1.2.4.400の単一キューブEssbaseアプリケーションのアウトライン・ファイル

    オンプレミス・リリース11.1.2.4.400の単一キューブEssbaseアプリケーションのアウトライン(OTL)ファイルを使用して、フリー・フォーム・アプリケーションの構造を作成できます。

    OTLファイル名はフリー・フォーム・アプリケーションに対して作成されたキューブに割り当てられるため、ファイル名を8文字以下にする必要があります。ファイル名が長いとプロセスが失敗する原因になります。

    通常、OTLファイルは、オンプレミスEssbaseデプロイメント内のEssbaseServer/essbaseserver1/app/<app_Name>ディレクトリにあります。

    OTLファイルにはアプリケーション・データが含まれていないため、Essbaseデータをファイルに抽出する必要があります。MaxL、Essbase Studioまたは別のツールを使用して、Essbaseアプリケーションからデータをエクスポートします。データは、Essbaseデータ・ファイル・フォーマットでエクスポートする必要があります。

    アプリケーションを作成した後、抽出したデータをEssbaseのソース・タイプを選択してインポートします。ローカルに格納されたデータ・ファイルから、またはOracle Enterprise Performance Management Cloud受信ボックスにアップロードされたファイルからインポートできます。手順の詳細は、データのインポートを参照してください。

  • オンプレミス・リリース11.1.2.4.400の単一キューブEssbaseアプリケーションのアプリケーション・スナップショット

    このオプションは、移行を使用して作成された既存のEssbaseアプリケーション・スナップショット(ZIPファイル)を移行することで、アプリケーションの作成を簡略化します。このプロセスは、ディメンションのロード、代替変数の作成、グラフィカル・ルールとしての計算スクリプトの変換、およびデータのロードを自動化します。