EPM Standard Cloud Service

EPM Standard Cloud Serviceは、主として中小規模のビジネス向けと、プランニングと予算策定、連結と決算、勘定科目照合およびナラティブ・レポートのプロセスをサポートするための複雑さの要件が低いビジネス向けの一連のサービス・プロセスです。

次の図は、EPM Standard Cloud Serviceで何が使用可能かを示します:


EPM Standard Cloud Serviceのモジュールおよび機能

さらに、EPM Standard Cloud Serviceには、ソース・システムからデータを統合できるデータ管理が付属しています。Oracle Smart View for OfficeEPM自動化ユーティリティなど、クライアントおよびコマンドライン・ツールも付属しています。

EPM Standard Cloud Serviceインスタンスでは、サポートされているいずれかのビジネス・プロセスをデプロイして使用できます。別のビジネス・プロセスをデプロイするには、別のEPM Standard Cloud Serviceサブスクリプションをリクエストするか、現在のビジネス・プロセスを削除する必要があります。

EPM Standard Cloud ServiceとEPM Enterprise Cloud Serviceの価値についてさらに学習するには、このビデオをご覧ください:

ビデオ・アイコン EPM Standard Cloud ServiceおよびEPM Enterprise Cloud Serviceの概要

Planningは企業のすべての事業部門におけるビジネス・プランナ、アナリスト、モデラーおよび意思決定者に対して、たちどころに価値をもたらし生産性を向上させます。

Planningは、次とともに使用できます:

  • 資本
  • 財務
  • プロジェクト
  • 要員
  • 戦略モデリング

戦略モデリングを除き、これらは、ディメンション、モデル、フォーム、ルール、ダッシュボード、インフォレット、レポートなど、事前にシードされている構成可能なコンテンツで使用できます。戦略モデリングは、柔軟な混合シナリオのビジネス・ケースがあるカスタマイズされたシナリオ・モデルの作成に利用できる標準および業界のテンプレートで使用できます。

EPM Standard Cloud Serviceで使用可能なPlanningビジネス・プロセスでは、次の機能はサポートしていません。

  • ビジネス要件をサポートするためにアプリケーションの高度なカスタマイズを可能にするカスタム・アプリケーション

  • ディメンション要件なしでPlanningアプリケーションをデプロイし、Essbaseアウトライン・ファイルを使用してアプリケーションを作成できるフリー・フォーム・アプリケーション

  • ビジネス・ルールを作成またはカスタマイズするためのGroovyスクリプト言語の使用

Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイドPlanning (Planning and Budgeting Cloud)の概要を参照してください。

EPM Standard Cloud ServiceのPlanningの概要は、このビデオをご覧ください:

ビデオ・アイコン 概要: EPM Standard CloudのPlanning