アプリケーション・モニターについて

アプリケーション・モニターによって、サービス管理者は、設計時に、アプリケーションを本番環境に置く前に(さらに継続的に、アプリケーションが新しいメンバーを使用して発展し、データがアプリケーションに追加されるとともに)、およびエンド・ユーザーがアプリケーションを使用する前に、設計の不具合を特定および解決できます。サービス管理者は、アプリケーション・モニターを使用して、次を評価できます:

  • アプリケーション全体

  • フォームや承認ユニットなどのアーティファクトのタイプ

  • 個々の選ばれたアーティファクト

アプリケーション・モニターによって、サービス管理者は、設計時に、設計の不具合を含むアーティファクトを解決するために行う変更点を識別し、それらの変更に必要なエディタに簡単にアクセスできます。アーティファクトを変更する必要がある場合、内部プロセスは実行時にシステム要求を拒否するチェックを実行します。アプリケーション・モニターは、サービス管理者が選択したユーザーに基づいて、アプリケーションおよびアーティファクトを評価します。これにより、分析の一部として個々のユーザーの変数およびセキュリティ・アクセスを考えて、実行時に発生する可能性がある問題を特定できます。