監査の概要

監査機能を使用して、ユーザーが実行したデータ・タスクを表示します。監査タイプ(データ、承認またはセル詳細のクリアなど)、日付範囲(昨日または過去60日間など)およびユーザー名で、監査タスクをフィルタできます。

監査トラッキングを有効化し、監査情報を表示およびエクスポートするには、サービス管理者である必要があります。

次のタイプのユーザー・アクティビティを、タスク監査でログに保存できます。

表15-1 監査可能なタスク

監査タイプ 追跡される変更

ディメンション管理

  • ディメンション階層: メンバーまたはディメンションの追加。プロパティの移動、削除および変更。メンバーおよびディメンションの名前変更

  • パフォーマンス設定: ディメンションの密または疎の再設定、ディメンションの順序の変更

  • 通貨: 通貨の追加または削除、三角換算法またはレポートの通貨の設定

別名表の管理

別名表への変更: 登録、コピー、名前変更、削除およびクリア

データ

  • セル値

  • サポート詳細

  • 勘定科目注釈

  • セル・レベル・ドキュメント

ビジネス・ルールの起動

計算スクリプトおよびビジネス・ルールによる更新(実行時プロンプトを含む)

フォームの定義

フォーム: 行の作成、変更、追加(監査レコードには、設計の変更方法は記録されません)。

フォーム・フォルダの管理

フォルダ: 作成済、移動済および削除済

承認

承認: 承認ユニットの所有者およびステータス

バージョンのコピー

サポート詳細、セル・テキスト、セルの添付、詳細のないデータなどを含むコピーされたバージョン。監査レコードには、コピーされたバージョンの詳細(データおよびサポート詳細など)は記録されません。

セキュリティ

ディメンションのメンバー、フォーム、フォーム・フォルダ、ビジネス・ルールおよびタスク・リストに対するアクセス権限

ユーザーの管理

追加、変更および削除済のユーザー

グループの管理

追加、変更および削除済のグループ、追加および除去済のユーザー

タスク・リスト

タスク・リスト: 作成、更新、保存、移動および削除済

データのコピー

サポート詳細、セル・テキスト、セルの添付、詳細のないデータなどを含む静的ディメンション、ソース・ディメンション、宛先ディメンションにおけるユーザーの選択

セル詳細のクリア

サポート詳細、コメント、および添付のクリアにおけるユーザーの選択

変数

変数(代替変数およびユーザー変数): 追加、変更および削除済

「監査」ページには、次の情報が表示されます。

  • 監査(タスク)

  • ソース

  • アクション

  • ユーザー

  • 名前

  • 日付

  • 詳細

  • プロパティ

  • 古い値

  • 新規の値


簡易インタフェースの「監査」ページのスクリーンショット

列はすべて、昇順または降順でソートできます。