Groovyビジネス・ルールについて

Groovyビジネス・ルールを使用すると、通常のビジネス・ルールでは解決できないユース・ケースを解決する高度なルールを設計できます。たとえば、フォーム上のデータ値が事前定義済のしきい値を超える場合に、そのデータの保存を禁止するルールを設計できます。

注:

  • GroovyはEPM Enterprise Cloudで使用できます。Groovyルールはすべてのアプリケーション・タイプ(カスタム、モジュール、およびフリー・フォーム)で作成および編集できます。

  • GroovyルールはEnterprise PBCSおよびPBCS Plus Oneでも使用できます。

  • また、GroovyルールはOracle Strategic Workforce Planning CloudおよびOracle Sales Planning Cloudで使用できます。

Groovyルールは、Calculation Managerで作成し、「ルール」ページ、フォームのコンテキスト内、ジョブ・スケジューラ、ダッシュボード、タスク・リストなど、Planningアプリケーションで計算スクリプト・ルールを実行できる任意の場所から実行します。

Groovyルールはルールセットでもサポートされています。ルールセット内では計算スクリプト・ルールとGroovyルールを併用できます。

Groovyルールは複合フォームではサポートされません。

Groovyルールから同期して、タイプ・ルール、ルールセットおよびテンプレートのジョブを実行できます。

Oracleでは、次の2つのタイプのGroovyルールをサポートしています。

  • 実行時プロンプト以外のコンテキストに基づいて実行時に計算スクリプトを動的に生成し、Essbaseに対して実行される計算スクリプトを返すルール。

    たとえば、プロジェクトの期間(開始日から終了日まで)のみを対象としたプロジェクト費用を計算するルールを作成できます。

    また、フォーム上にある勘定科目のみを対象としたトレンドベースの計算も同様の例の1つです。この計算を収益、費用、貸借対照表およびキャッシュ・フローの各種フォームで使用できます。これにより、最適化と再利用が可能になります。

  • データ検証を実行し、入力されたデータが会社のポリシーに違反する場合に操作を取り消すような純粋なGroovyルール。

ビデオ

目標 視聴するビデオ

Oracle Enterprise Performance Management CloudでGroovyルールを作成するためのトレーニング・オプションについて学習します。

ビデオ・アイコン Oracle EPM CloudにおけるGroovyを学ぶ