列レイアウトのカスタマイズ

簡易ディメンション・エディタ・グリッドの各列は、メンバー・プロパティ(「メンバー名」「親メンバー」「デフォルトのデータ・ストレージ」など)を表します。グリッドに最初から表示される列は、編集しているディメンション・タイプによって異なります。列のレイアウトは、簡易ディメンション・エディタで列を非表示にする、表示する、サイズを変える操作でカスタマイズできます。「デフォルト・モード」オプションをクリアして、プロパティの全セット(すべての列)を表示することもできます。たとえば、「デフォルト・モード」をクリアすると、勘定科目ディメンションのUDA列を表示できます(デフォルト・モードでは、UDA列は非表示です)。

簡易ディメンション・エディタ・グリッドで列レイアウトをカスタマイズするには:

  1. 「メンバー・プロパティの編集」を表示します。
  2. ディメンション・グリッドで、任意の列見出しを右クリックします。

    列のチェックリストが表示されます。列またはグリッドのサイズを変更するオプションも表示されます。

  3. グリッドで表示する列、非表示にする列のチェック・ボックスを選択するか、クリアします。

    注:

    グリッドですべてのプロパティ列を表示するには、「デフォルト・モード」チェック・ボックスをクリアします。デフォルトでは「デフォルト・モード」は選択されており、表示されるプロパティが制限されます。このオプションをクリアすると、大きい(完全な)プロパティ・セットが(列として)表示されます。

  4. グリッドに表示されるグリッドまたは列のサイズを変更するには、次のサイズ変更オプションを選択するか、クリアします。
    • 列をあわせる - すべての列がスクロールなしでグリッドに表示されるように、列のサイズを変更します。

    • 同期サイズ変更 - グリッドのサイズを元の設定にリセットします。