データ検証の条件演算子

データ検証ルール・ビルダーの条件演算子には、次のタイプの比較を組み込むことができます:

  • 次の演算子を使用した数値比較: 「=」、「!=」、「<」、「<=」、「>」、「>=」。

  • 次の演算子を使用した文字列値比較: 「次と等しい」、「次と等しくない」、「次を含む」、「次で始まる」、「次で終わる」、次に含まれる」、次に含まれない。

ルールにより、テキストやスマート・リストなどの様々なデータ型を持つセルを比較できます。セルのデータ型が保持されるのは、常に1つのセルからの値が参照される場合です。「現在のセル値」と「ディメンション間メンバー」を使用してセル値を参照する場合がこれに該当します。比較対象の値が複数のセルからの値(行値、列値およびセル値など)である場合、データ型はデフォルトでdouble型に設定されます。

これらのデータ型の値を比較する場合、次のような処理が行われます:

  • double型の場合、double値に対して文字列表現(123.45など)が使用されます。double型が小数部を持たない整数(123.00など)である場合、整数値(この場合、123)が使用されます。

  • テキストの場合、ルールで比較対象として使用するのはテキスト値のみです。

  • その他すべてのデータ型(通貨、通貨以外、パーセンテージおよび日付)は、double型として処理されます。

表16-3 「次で始まる」、「次で終わる」および「次を含む」の結果の例

演算子 比較値 比較先の値
次で始まる 2.0 2
1234.0 12.0
101.0 10
2.0 2.0
2.5 "2."
"YearTotal" "Year"
次で終わる 2.0 2.0
2.0 2
2.5 5
2.5 ".5"
"YearTotal" "al"
"YearTotal" "Total"
次を含む 2.0 2.0
2.0 2
2.5 5
2.5 ".5"
2.5 2.5
23.567 3.5
23.567 67
23.567 "23."
23.567 ".56"
"YearTotal" "al"