スマート・リストで#Missingを表示

サービス管理者は、データがセルにない場合を含めて、スマート・リストおよびデータ・セルで表示される値を設定します。セルでは、値なし、#MISSINGまたは(スマート・リストに関連するセルの)指定値を表示させることができます。

このオプションを使用して、セルがフォーカスにない場合の#MISSINGの表示を制御します。

表18-29 #MISSINGの表示オプション

オプション ガイドライン

空白

フォームを設計する場合、「欠落値を空白で表示」を選択します。

スマート・リストのプロパティを設定する場合、「フォーム設定」を選択します。

#MISSING

フォームを設計する場合、「欠落値を空白で表示」を選択しないでください。

スマート・リストのプロパティを設定する場合、「フォーム設定」を選択します。

「変更なし」などのカスタム・ラベル

スマート・リストのプロパティを設定する場合、「#MISSINGドロップダウン・ラベル」フィールドにカスタム・ラベル(変更なしなど)を入力します。「ドロップ・ダウン設定」を選択します。