アプリケーションの起動

このトピックでは、Oracle Enterprise Performance Management Cloudアプリケーションの起動に使用する一意の起動URLについて説明します。

サービス管理者は、一意のURLをユーザーに提供する責任があります。

EPM Standard Cloud ServiceおよびEPM Enterprise Cloud Serviceアプリケーションの起動

EPM Standard Cloud ServiceおよびEPM Enterprise Cloud Serviceのインスタンスがプロビジョニングされているお客様は、次のようなURLを使用して環境にアクセスします。

  • 本番環境のURL: https://epm-idDomain.epm.dataCenter.oraclecloud.com/epmcloud

  • テスト環境のURL: https://epm-test-idDomain.epm.dataCenter.oraclecloud.com/epmcloud

たとえば、exampleDCデータ・センターのアイデンティティ・ドメインexampleDoMでプロビジョニングされたEPM Cloud環境では、URLは次のようになります。

  • 本番環境: https://epm-exampleDoM.epm.exampleDC.oraclecloud.com/epmcloud

  • テスト環境: https://epm-test-exampleDoM.epm.exampleDC.oraclecloud.com/epmcloud

これは、各アプリケーションが個別のコンテキストを使用して環境にアクセスするEPM Cloudの以前のバージョンからの変更点です。 Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイドサンプルのEPM Cloud URLを参照してください。

Planning and Budgeting Cloudアプリケーションの起動

Planning and Budgeting Cloudアプリケーションを起動するには、新しいブラウザ・ウィンドウで次のURLを入力します:

https://Oracle PBCS service name/HyperionPlanning;

例:

https://testnew1-testnew1.pbcs.us1.oraclecloud.com/HyperionPlanning;

モバイル・デバイスでのアプリケーション・アーティファクトへのアクセスの有効化およびアプリケーション使用時の考慮事項の詳細は、アプリケーション・アクセス権の管理を参照してください。