データ・マップ・プロセスとスマート・プッシュ・プロセスの同時実行

データをレポート・キューブに移動する際、ユーザーがシステムを使用できない時間を最小限に抑えることができます。そのためには、Groovyルール・ベースのデータ・マップ・プッシュで実行時プロンプトを使用して、必要なデータのみをレポート・キューブに移動します。EPM自動化を使用するデータ・マップ・プッシュの場合は、代替変数の使用が可能で、データ・マップを使用してデータを移動する前に代替変数の値を設定できます。詳細は、次のトピックを参照してください。

  • Groovyビジネス・ルールのドキュメントや例の入手については、よくある質問を参照してください。

  • EPM自動化の詳細は、 Oracle Enterprise Performance Management Cloud EPM自動化の操作 を参照してください。

「データ・マップ・オプション」「同時スマート・プッシュの許可」オプションを有効にし、ユーザーがスマート・プッシュ・プロセスとデータ・マップ・プロセスを同時に実行できるようにすることで、ダウンタイムをさらに最小化することもできます。

データ・マップとスマート・プッシュを同時に実行する際は、次のことを考慮してください。

  • スマート・プッシュでは、データをプッシュする前に、レポート・キューブのデータがクリアされるのを待機します。

  • 同時に処理できるデータ量には制限があります。ジョブ出力を確認し、それに合せて設計してください。

データ・マップ・オプションの詳細は、データ・マップ・オプションの定義を参照してください。