承認ユニット階層の同期

承認ユニット階層で使用されているディメンション・メンバーを追加、削除または変更する場合、影響を受ける承認ユニット階層をこの変更と同期させる必要があります。承認ユニット階層のリストを表示する場合、各承認ユニット階層のエントリには、最新の変更が承認ユニット階層に反映されているかどうかが示されます。この手順を使用して、承認ユニット階層をディメンション・メンバーの変更と同期させます。

注:

ディメンション・メンバーを追加する場合、ディメンション・メンバーが承認ユニットとして追加されるのは、承認ユニット階層の組込みルールの基準をこれらが満たす場合のみです。たとえば、追加したエンティティが第4世代のエンティティであるときに、第1世代から第3世代までが承認ユニットであると組込みルールに指定されている場合、エンティティは承認ユニットとして追加されません。ただし、このエンティティが第3世代のメンバーである場合は、承認ユニット階層が次回に編集、保存または同期されるときに、承認ユニットとして追加されます。

承認ユニット階層を変更と同期させるには:

  1. 「ナビゲータ」アイコン「ナビゲータ」アイコンをクリックし、「ワークフロー」で、「承認ユニット」をクリックします。
  2. 「同期済」列では、承認ユニット階層に次のようなラベルが付きます。
    • 同期済-変更は承認ユニット階層と同期されます

    • 未同期-変更は承認ユニット階層と同期されません

    • userによってロック済-ユーザーが承認ユニット階層を編集または同期中です

    注:

    承認ユニット階層リストを表示した後、ユーザーによって承認ユニット階層の編集または同期が開始された場合、承認ユニット階層リストでは、この承認ユニット階層について"ロック済"とは表示されません。この承認ユニット階層を同期しようとしても同期は行われず、編集中であることを示すエラー・メッセージが表示されます。

  3. 「未同期」としてリストされている承認ユニット階層を選択し、「同期」アイコンをクリックします。

    承認ユニット階層に変更が適用され、次に、承認ユニット階層に定義されている組込みルールに従って承認ユニットのリストが更新されます。

    注:

    別のユーザーによる編集または同期中である承認ユニット階層を変更と同期させることはできません。