SDK for Go

Oracle Cloud Infrastructure SDK for GOを使用して、Oracle Cloud Infrastructureのリソースを管理するためのコードを記述できます。

このSDKおよびサンプルは、Universal Permissive License 1.0およびApache License 2.0でデュアルライセンスされています。サードパーティ・コンテンツはコード内の記述に従って別途ライセンスされます。

ダウンロード: GitHubからこのSDKをダウンロードします。

ドキュメント: リファレンス・ドキュメントは、オラクル(こちら)およびgodoc.orgから入手できます。

ヒント

SDK for Goは、資格証明を使用して事前構成されており、クラウド・シェル内からすぐに使用できます。クラウド・シェル内からのSDK for Goの使用の詳細は、SDK for Goのクラウド・シェル・クイック・スタートを参照してください。

サポートされるサービス

  • アナリティクス・クラウド
  • お知らせ
  • APIゲートウェイ
  • アプリケーションの移行
  • 監査
  • 自動スケーリング(コンピュート)
  • ビッグ・データ
  • ブロックチェーン・プラットフォーム
  • 予算
  • コンピュート・インスタンス・エージェント(Oracle Cloud Agent)
  • Container Engine for Kubernetes
  • コンテンツとエクスペリエンス
  • コア・サービス(ネットワーキングコンピュートブロック・ボリューム)
  • クラウド・ガード
  • データ・カタログ
  • データ・フロー
  • データ統合
  • データ・セーフ
  • データ・サイエンス
  • データ転送
  • データベース
  • データベース管理
  • デジタル・アシスタント
  • DNS
  • 電子メール配信
  • イベント
  • ファイル・ストレージ
  • ファンクション
  • ヘルス・チェック
  • IAM
  • 統合クラウド
  • キー管理(ボールト・サービス用)
  • 制限
  • ロード・バランシング
  • ロギング
  • ログ・アナリティクス
  • ロギング検索
  • ロギング収集
  • 管理エージェント・クラウド
  • 管理ダッシュボード
  • マーケットプレイス
  • モニタリング
  • MySQLデータベース
  • NoSQLデータベース・クラウド
  • 通知
  • オブジェクト・ストレージ
  • OCIレジストリ
  • オペレーション・インサイト
  • オプティマイザ
  • 組織
  • OS管理
  • 割当て
  • リソース・マネージャ
  • Roving Edge Infrastructure
  • 検索
  • シークレット管理(ボールト・サービス用)
  • サービス・コネクタ・ハブ
  • ストリーミング
  • サポート管理
  • 使用状況
  • VMWareソリューション
  • Webアプリケーション・アクセラレーションおよびセキュリティ
  • 作業リクエスト(コンピュートデータベース)

yumを使用したインストール

Oracle Linux 7を使用している場合は、yumを使用してOCI SDK for Goをインストールできます:

sudo yum-config-manager --enable ol7_developer
sudo yum install go-oci-sdk.x86_64

OCI Go SDKにはGolangバージョン1.13以降が必要です。Golangの新しいバージョンをインストールするには:

sudo yum install -y oracle-golang-release-el7.x86_64
sudo yum install golang

連絡方法

コントリビューション

コントリビュートするバグの修正または新しい機能がありますか。SDKはオープン・ソースであり、GitHubプル・リクエストを受け入れています。

通知

SDK for Goの新しいバージョンがリリースされたときに通知を受け取るには、Atomフィードをサブスクライブします。

質問またはフィードバック