監査ログ保持期間の設定

デフォルトでは、監査ログは90日間保存されます。ログの保持は最長365日間まで構成できます。ログの保持期間は、テナンシ詳細ページで編集できます。

保持期間はテナンシレベルの設定です。保持期間の設定値は、すべてのリージョンとすべてのコンパートメントに影響します。リージョンやコンパートメントごとに異なる保持期間を設定することはできません。

必要なIAMポリシー

監査ログの保持期間を変更するには、管理者グループのメンバーである必要があります。管理者グループとポリシーを参照してください

コンソールの使用

監査ログ保持期間を変更するには
  1. プロファイル」メニュー(ユーザー・メニュー・アイコン)を開き、テナンシ: <your_tenancy_name>をクリックします。

    テナンシの詳細が表示されます。「監査保持期間」「テナンシ情報」の下に表示されます。

  2. 「監査保持ポリシーの編集」をクリックします。監査ログを保存する日数を入力します。設定できる最小値は90、最大値は365です。この値は、テナンシ内のすべてのリージョンとすべてのコンパートメントに適用されます。
  3. 「送信」をクリックします。

    ノート

    新規の値がすぐに表示されません

    コンソールに新しい設定が表示されるまでに、数分かかることがあります。