予算の概要

予算を使用して、Oracle Cloud Infrastructure支出にソフト制限を設定できます。予算に関するアラートを設定して、予算を超過する可能性がある時期を把握できるようにし、Oracle Cloud Infrastructureコンソールの1つの場所からすべての予算および支出を表示できます。

予算の仕組み

予算は、コスト・トラッキング・タグまたはコンパートメント(ルート・コンパートメントを含む)に設定され、そのコスト・トラッキング・タグまたはそのコンパートメントとその子に対するすべての支出を追跡します。

すべての予算アラートは、ほとんどのリージョンでは毎時、IADでは4時間ごとに評価されます。予算が最後に評価された時間を確認するには、予算の詳細を開きます。予算が評価された期間を示す、現在の支出額、予測および支出期間フィールドが表示されます。予算アラートが起動されると、予算アラートに構成されている電子メール受信者は電子メールを受信します。

予算コンセプト

予算を操作するには、次の概念が必要です:

予算
Oracle Cloud Infrastructure支出に対して定義する月次しきい値です。予算はコスト・トラッキング・タグまたはコンパートメントで設定され、コスト・トラッキング・タグまたはコンパートメントとすべての子コンパートメント内のすべての支出を追跡します。
ノート

予算では、指定されたターゲット・コンパートメント内の支出を追跡しますが、テナンシのルート・コンパートメント内の予算を管理し、予算を作成および使用する権限を持っている必要があります。
アラート
予算のために送信される電子メール・アラートを定義できます。これらのアラートを含むカスタマイズ済の電子メール・メッセージの本文を送信できます。アラートはほとんどのリージョンで毎時間(IADでは4時間ごとに)評価され、実際の支出または予測支出が予算の割合または指定した設定金額に達したときにトリガーされます。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。

予算を使用するには、テナンシ(ルート・コンパートメント)の「使用予算」を使用できるグループにいるか、またはテナンシ内のすべてのリソースを使用できる必要があります。すべての予算は、ターゲットとしているコンパートメントに関係なくルート・コンパートメントに作成されるため、ルートの外部で予算権限を付与するIAMポリシーは意味がありません。

IAMポリシー 説明
グループ会計担当者がテナンシの使用予算を検査することを許可 会計担当者は支出などの予算を検査できます。
グループ会計担当者がテナンシの使用予算を読み取ることを許可 会計担当者は支出などの予算を読み取ることができます(リストと同様)。
グループ会計担当者がテナンシの使用予算を使用することを許可 会計担当者は予算やアラート・ルールを作成および編集できます。
グループ会計担当者がテナンシの使用予算を管理することを許可 会計担当者は予算やアラート・ルールを作成、編集および削除できます。

リソースのタグ付け

リソースにタグを適用すると、ビジネス・ニーズに応じてそれらを整理しやすくなります。リソースの作成時にタグを適用することも、後でリソースを必要なタグで更新することもできます。タグ適用についての一般情報は、リソース・タグを参照してください。

認証と認可

Oracle Cloud Infrastructureの各サービスは、すべてのインタフェース(コンソール、SDKまたはCLI、およびREST API)の認証および認可のためにIAMと統合されています。

組織の管理者は、どのユーザーがどのサービスとリソースにアクセスできるか、およびアクセスのタイプを制御する、グループコンパートメントおよびポリシーを設定する必要があります。たとえば、ポリシーは、新しいユーザーの作成、クラウド・ネットワークの作成と管理、インスタンスの起動、バケットの作成、オブジェクトのダウンロードなどを実行できるユーザーを制御します。詳細は、ポリシーの開始を参照してください。異なる各サービスに対するポリシーの記述の詳細は、ポリシー・リファレンスを参照してください。

会社が所有するOracle Cloud Infrastructureリソースを使用する必要がある通常のユーザー(管理者ではない)の場合は、ユーザーIDを設定するよう管理者に連絡してください。管理者は、使用する必要があるコンパートメントを確認できます。

イベント・サービスを使用した予算の自動化の作成

イベント・タイプ、ルールおよびアクションを使用して、Oracle Cloud Infrastructureリソースの状態変更に基づく自動化を作成できます。詳細は、イベントの概要を参照してください。