コンプライアンス・ドキュメントの概要

Oracle Cloud Infrastructure Compliance Documentsサービスでは、これまで昇格サポート・ポータルにリクエストを送信しないとアクセスできなかったコンプライアンス・ドキュメントを表示およびダウンロードできます。

ノート

コンプライアンス・ドキュメント は、Oracle Cloud Infrastructure Government Cloudレルムでは使用できません。

コンプライアンス・ドキュメントのタイプ

コンプライアンス・ドキュメントを表示する際には、次のタイプでフィルタできます:

  • アテステーション。コンプライアンス・ドキュメントのPayment Card Industry (PCI) Data Security Standard (DSS)アテステーション。
  • 監査。一般監査レポート。
  • ブリッジ・レター(BridgeLetter)。ブリッジ・レター。ブリッジ・レターは、SOCレポートの終了日から新しいSOCレポートのリリース日までの期間のコンプライアンス情報を提供します。
  • 証明書。認証要件と当該要件に準拠した審査結果に関して、特定の機関による認証を示すドキュメント。
  • SOC3.セキュリティ、可用性、機密性およびプライバシに関するサービス組織の内部統制に関連した情報を提供するサービス組織統制3監査レポート。
  • その他。前述のより具体的なカテゴリのいずれにも当てはまらないコンプライアンス・ドキュメント。

表示するドキュメントをさらに絞り込む必要がある場合は、タイプ・フィルタを環境フィルタと組み合せることができます。

環境のタイプ

ドキュメントが属する環境(ビジネス・ピラーまたはプラットフォーム)には、次のものがあります:

  • OCI。Oracle Cloud Infrastructureは、可用性の高いホスト環境でアプリケーションおよびサービスを構築および実行できる、補完的なクラウド・インフラストラクチャ・サービスのセットです。
  • PAAS。Oracle Platform as a Service (PaaS)は、パブリック・クラウド、プライベート・クラウドまたはハイブリッド・クラウド内でアプリケーションを構築およびデプロイするための様々なプラットフォームを提供します。

リージョンおよび可用性ドメイン

コンプライアンス・ドキュメント・サービスはすべてのリージョンで使用できます。サポートされているリージョンのリストは、リージョンおよび可用性ドメインを参照してください。

Oracle Cloud Infrastructureへのアクセス方法

Oracle Cloud Infrastructureには、コンソール(ブラウザベースのインタフェース)またはREST APIを使用してアクセスできます。コンソールおよびAPIに関する手順は、このガイド全体のトピックに記載されています。ただし、APIまたはコマンドライン・インタフェース(CLI)を使用してコンプライアンス・ドキュメントにアクセスすることはできません。現時点では、コンプライアンス・ドキュメントはパブリックAPI、SDKまたはCLIをサポートしていません。

コンソールにアクセスするには、サポートされているブラウザを使用する必要があります。このページの上部にある「コンソール」リンクを使用して、サインイン・ページに移動できます。クラウド・テナント、ユーザー名およびパスワードの入力を求められます。

コンプライアンス・ドキュメントの表示およびダウンロード

この項では、コンプライアンス・ドキュメントの表示方法について説明します。コンソールには、現在選択されているリージョンのテナンシで使用可能なドキュメントが表示されます。

すべてのコンプライアンス・ドキュメントのリストを表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「アイデンティティとセキュリティ」「コンプライアンス」の順にクリックします。
  2. 「コンプライアンス・ドキュメント」ページに、表示権限のあるすべてのドキュメントが表示されます。このページでは、次を実行できます:
    • フィルタ。環境またはタイプでドキュメントをフィルタできます。
    • ソート。名前、タイプまたは作成日でドキュメントをソートできます。
    • ダウンロード。ドキュメントをローカル・コンピュータにダウンロードできます。
コンプライアンス・ドキュメントをダウンロードするには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「アイデンティティとセキュリティ」「コンプライアンス」の順にクリックします。
  2. 「コンプライアンス・ドキュメント」ページに、表示権限のあるすべてのドキュメントが表示されます。
  3. ドキュメント名の横にある「ダウンロード」をクリックします。
  4. 使用条件を確認します。
  5. 準備ができたら、「使用条件を確認した上でこれに同意します」チェック・ボックスを選択し、「ファイルのダウンロード」をクリックします。
コンプライアンス・ドキュメントのリストをソートするには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「アイデンティティとセキュリティ」「コンプライアンス」の順にクリックします。
  2. デフォルトでは、リストにはドキュメント名に従ってアルファベット順にドキュメントが表示されます。別の方法でリストをソートするには、次のいずれかを実行します:
    • 「名前」をクリックします。リストは、お知らせのサマリーに従ってアルファベット順にソートされます。最初にデフォルトのソート順で表示した場合は、ソート順が変更され、名前のアルファベットの逆順にドキュメントが表示されます。
    • 「タイプ」をクリックします。リストは、ドキュメントのタイプに従って、タイプのアルファベット順にソートされます。
    • 「作成日」をクリックします。リストは、ドキュメントが作成された日時に従ってソートされます。
  3. リストを再度ソートするには、前のステップを繰り返します。