インスタンスのフォルト・ドメインの編集

仮想マシン(VM)インスタンスが配置されるフォルト・ドメインを変更できます。

フォルト・ドメインは、同じ可用性ドメイン内の他のフォルト・ドメインと区別するためにハードウェアとインフラストラクチャをグループ化したものです。フォルト・ドメインを適切に利用することで、Oracle Cloud Infrastructureで実行されるアプリケーションの可用性を向上できます。詳細およびベスト・プラクティスは、フォルト・ドメインを参照してください。

サポートされるシェイプ

次のシェイプを使用するインスタンスのフォルト・ドメインを変更できます:

  • VM.Standard.E4シリーズ
  • VM.Standard.E3シリーズ
  • VM.Standard.E2シリーズ
  • VM.Standard2シリーズ
  • VM.Standard.B1シリーズ
  • VM.Standard1シリーズ
  • VM.GPU3シリーズ
  • VM.Optimized3シリーズ

次のシェイプは編集できません:

  • VM.Standard.E2.1.Microシリーズ
  • VM.GPU2シリーズ
  • VM.DenseIO1シリーズ
  • VM.DenseIO2シリーズ
  • 専用仮想マシン・ホストで実行されるVMインスタンス
  • ベア・メタルのシェイプ

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示される場合は、管理者に連絡して、どのタイプのアクセス権があり、どのコンパートメントで作業するかを確認してください。

管理者向け: ユーザーにコンピュート・インスタンスを起動させるのポリシーには、インスタンスのフォルト・ドメインを変更する権限が含まれます。指定されたグループがインスタンスの起動やボリュームのアタッチを必要としない場合、そのポリシーを簡素化し、manage instance-familyのみを含めて、volume-familyおよびvirtual-network-familyに関連する文を削除できます。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワーク、または他のCore Services APIリソースのポリシーを作成するための参照資料については、コア・サービスの詳細を参照してください。

コンソールの使用

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「編集」をクリックします。
  4. 「フォルト・ドメインの編集」をクリックします。次に、新しいフォルト・ドメインを選択します。
  5. 「変更の保存」をクリックします。

    インスタンスが実行中の場合は、再起動されます。