データ転送サービスの概要

Oracleには、Oracle Cloud Infrastructureにデータを移行できるオフライン・データ転送ソリューションが用意されています。現在Oracle Cloud Infrastructureにあるデータを、データ・センターにオフラインでエクスポートすることもできます。パブリック・インターネットを介したデータの移動は、高いネットワーク・コスト、信頼性の低いネットワーク接続性、長い転送時間、およびセキュリティ上の問題により、常に実行できるとはかぎりません。転送ソリューションはこれらの問題点に対処し、使いやすく、ネットワーク経由のデータ転送と比較してすばやくデータをアップロードできます。

ノート

このデータ転送のドキュメントを簡略化するため、一般的にオブジェクト・ストレージと記載した場合、オブジェクト・ストレージ層またはアーカイブ・ストレージ層のいずれかにあるバケットにデータを転送できることを意味します。

ディスクベースのデータ転送
暗号化されたUSB 2.0/3/0ディスクのファイルとして、データをOracle転送サイトに送ります。Oracle転送サイトのオペレータは、テナンシ内の指定されたオブジェクト・ストレージ・バケットにファイルをアップロードします。
この転送ソリューションでは、Oracle Cloud Infrastructureへのデータの転送に使用するディスクを、ユーザーが調達して購入する必要があります。ディスクは、データが正常にアップロードされた後、ユーザーに返送されます。
詳細は、データ・インポート - ディスクを参照してください。
ノート

ディスクベースのデータ転送は、FedRAMP認可のリージョン、およびDISA Impact Level 5認可のUS Federal Cloudのリージョンではサポートされていません。

アプライアンスベースのデータ転送
Oracleが提供するセキュアで高容量のストレージ・アプライアンスのファイルとして、データをOracle転送サイトに送ります。Oracle転送サイトのオペレータは、テナンシ内の指定されたオブジェクト・ストレージ・バケットにデータをアップロードします。
このソリューションは、大量のデータを移行する場合や、転送ディスクの使用が現実的な代替手段ではない場合に、データ転送をサポートします。コードの記述やハードウェアの購入は一切必要ありません。Oracleでは、転送を管理するために必要な転送アプライアンスおよびソフトウェアが提供されます。
詳細は、データ・インポート - アプライアンスを参照してください。
アプライアンスベースのデータ・エクスポート
Oracle提供のアプライアンスを使用して、Oracle Cloud Infrastructure Object Storageバケットからデータ・センターにデータをエクスポートします。
このソリューションは、顧客またはビジネス・パートナと共有する必要があるメディア・コンテンツまたは処理済データセットがある場合に役立ちます。
詳細は、アプライアンス・データ・エクスポートを参照してください。

サポートされているリージョン

データ転送でサポートされているリージョンについて学習します。

データ転送およびエクスポートは、次のリージョンでサポートされています:

  • 米国東部(アッシュバーン)

  • 米国西部(フェニックス)

  • 米国DoD東部(アッシュバーン)

  • 米国DoD北部(シカゴ)

  • 米国DoD西部(フェニックス)

  • カナダ南東部(トロント)

  • ドイツ中央部(フランクフルト)

  • 英国南部(ロンドン)

  • 日本東部(東京)

  • 日本中央部(大阪)

  • ブラジル東部(サンパウロ)

データ転送サービス・リソースの制限

データ転送サービス・リソースの制限を決定する方法について学習します。

Oracle Cloud Infrastructureにサインアップすると、テナンシにサービス制限のセットが構成されます。サービス制限は、リソースに設定された割当てまたは許容量です。データ転送プロセスを開始する前に、サービス制限が適切に設定されていることを確認してください。

適用可能な制限の一覧と制限の引上げをリクエストする手順は、「サービス制限」を参照してください。リソースまたはリソース・ファミリにコンパートメント固有の制限を設定するために、管理者は、コンパートメント割当てを使用できます。

リソースのタグ付け

データ転送リソースでタグ付けを使用する方法について学習します。

リソースにタグを適用すると、ビジネス・ニーズに応じてそれらを整理しやすくなります。リソースの作成時にタグを適用することも、後でリソースを必要なタグで更新することもできます。タグ適用についての一般情報は、リソース・タグを参照してください。

リソースのモニタリング

データ転送リソースのリソースをモニターする方法について学習します。

Oracle Cloud Infrastructureリソースのヘルス、容量およびパフォーマンスは、メトリック、アラームおよび通知を使用してモニターできます。詳細は、モニタリングおよび通知を参照してください。

イベント・サービスを使用したオブジェクトの自動化

イベント・サービスを使用して特定のデータ転送イベントを自動化する方法について学習します。

イベント・タイプ、ルールおよびアクションを使用して、Oracle Cloud Infrastructureリソースの状態変更に基づく自動化を作成できます。詳細は、イベントの概要を参照してください。

オブジェクトのイベントは、他のリソースとは異なる方法で処理されます。オブジェクトは、デフォルトではイベントを出力しません。コンソールCLIまたはAPIを使用して、バケットがオブジェクトの状態変更に対してイベントを出力できるようにします。バケットの作成中または作成後にオブジェクトの状態変更に対してイベントを有効にできます。

通知

特定のデータ転送イベントの通知を設定する方法について学習します。

データ転送中に変更が発生した場合に警告するための様々なタイプの通知を設定できます。通知を参照してください。

ノート

通知を十分に利用するには、通知をトリガーするイベントを設定します。詳細は、イベントの概要を参照してください。

CLIコマンドを使用して、アプライアンスベースのインポートおよびエクスポート・ジョブの通知を設定することもできます。CLIから実行される通知は、通知およびイベント・サービスを使用するよりも便利なプロセスを提供します。これらのCLIベースの通知を設定する手順は、アプライアンスベースのインポートおよびエクスポートの準備のトピックを参照してください。

データ暗号化

データ転送でデータ・ファイルおよびタスクに暗号化を適用する方法について学習します。

データ転送では、次の暗号化方式を使用します:

  • 保存データは、AES-256暗号化で暗号化されます。
  • ノード間通信は、GCM-AES-128で暗号化されます。
  • コンソールおよびAPIは、TLSを使用し、デフォルトでAES-256に設定されます。

FastConnect

データ転送ジョブでのFastConnectの使用について学習します。

Oracle Cloud Infrastructure FastConnectデータ転送ジョブで使用できます。FastConnectは、データ・センターとOracle Cloud Infrastructureとの間に、専用のプライベート接続を簡単に作成する方法を提供します。FastConnectは、高帯域幅のオプションを備えており、インターネット・ベースの接続に比べて、信頼性の高い一貫性のあるネットワーキング・エクスペリエンスを提供します。

詳細は、FastConnectを参照してください。

Site - to - Site VPN

データ転送ジョブでのサイト間VPNの使用について学習します。

Oracle Cloud Infrastructure Site - to - Site VPNデータ転送ジョブで使用できます。サイト間VPNは、オンプレミス・ネットワークと仮想クラウド・ネットワーク(VPN)との間にIPSec接続を提供します。

詳細は、Site - to - Site VPNを参照してください。

データ転送へのテキストの入力

データ転送に入力できるテキストのタイプについて学習します。

データ転送へのすべての入力には、ASCIIテキストのみを使用する必要があります。この要件は、ブラウザベースのコンソールおよびCLIに適用されます。