Autonomous Exadata Infrastructureハードウェアのオプション

ノート

専用ExadataインフラストラクチャでのAutonomous Databaseの作成と管理の概要は、専用Exadataインフラストラクチャを参照してください。

Exadataインフラストラクチャで使用可能なハードウェア・シェイプ

Oracle Cloud Infrastructureで現在提供されているAutonomous Databaseには、次の専用Exadataインフラストラクチャのシステム・モデルと構成があります:

  • システム・モデル: Exadata X8M、Exadata X8およびExadata X7
  • 構成: クォータ・ラック(Exadata X8Mの場合の最大)、ハーフ・ラックおよびフル・ラック

次の項では、各シェイプの構成の詳細を示します。

Exadata X8Mシェイプ

ノート

専用Exadataインフラストラクチャでは、Exadata X8Mハードウェア・シェイプはクォータ・ラックを超えて拡張できません。
プロパティ
シェイプ名 Exadata X8M-2
コンピュート・ノードの数 2
有効なCPUコアの合計最小数 0
有効なCPUコアの合計最大数 100 (2つの初期データベース・サーバー用)
合計RAM容量 2780 GB (初期値)
Exadata Storage Serverの数 3
合計RAWフラッシュ・ストレージ容量 76.8 TB (3つの初期ストレージ・サーバー用)
合計使用可能ストレージ容量 149 TB (3つの初期ストレージ・サーバー用)

Exadata X8シェイプ

プロパティ クォータ・ラック ハーフ・ラック フル・ラック
シェイプ名 Exadata.Quarter3.100 Exadata.Half3.200 Exadata.Full3.400
コンピュート・ノードの数 2 4 8
有効なCPUコアの合計最大数 100 200 400
合計RAM容量 1440GB 2880GB 5760GB
Exadata Storage Serverの数 3 6 12
合計RAWフラッシュ・ストレージ容量 76.8TB 179.2TB 358.4TB
合計使用可能ストレージ容量 149TB 298 TB 596 TB

Exadata X7シェイプ

プロパティ クォータ・ラック ハーフ・ラック フル・ラック
シェイプ名 Exadata.Quarter2.92 Exadata.Half2.184 Exadata.Full2.368
コンピュート・ノードの数 2 4 8
有効なCPUコアの合計最大数 92 184 368
合計RAM容量 1440GB 2880GB 5760GB
Exadata Storage Serverの数 3 6 12
合計RAWフラッシュ・ストレージ容量 76.8TB 153.6TB 307.2TB
合計使用可能ストレージ容量 106TB 212TB 424TB