新しいリソース・モデルおよびAPIへのExadata DBシステムの切替え

Oracle Cloud Infrastructureに既存のExadata DBシステムがある場合、それらを新しいリソース・モデルおよびAPIに切り替えることができます。これによって、Exadata Cloud Serviceインスタンスの基礎となるハードウェアまたはシェイプ・ファミリは変更されません。既存のDBシステムのAPIは、書面による通知と、お客様が新しいAPIおよびコンソール・インタフェースに切り替えられるようにするための移行期間の後、Oracle Cloud InfrastructureですべてのユーザーのExadataに対して非推奨になります。この変更は、ベア・メタルおよび仮想マシンのDBシステムには影響しません。

新しいリソース・モデルに切り替えても、DBシステムの既存のExadataデータベースまたはクライアント接続には影響しません。既存のDBシステムAPIを使用する自動化を作成した場合は、新しいAPIを使用するようにアプリケーションを更新する必要がある場合があります。

重要:2021年5月15日以降、古いDBシステム・リソース・モデル/APIを使用して新しいシステムをプロビジョニングすることはできません。既存のシステムでの古いDBシステム・リソース・モデル/APIのサポートは、2021年11月15日に終了します。Oracleでは、Exadata Cloud Serviceインスタンスを、できるだけ早く新しいリソース・モデルAPIに移行することをお薦めします。新しいリソース・モデルへの変換には、システム・ダウンタイムは含まれません。

DBシステムを変換した後、DBシステム・リソースのかわりに2つの新しいリソース(クラウドExadataインフラストラクチャ・リソースおよびクラウドVMクラスタ・リソース)が作成されます。

切替え後に予想されること

  • 新しいクラウドExadataインフラストラクチャ・リソースおよびクラウドVMクラスタは、置き換えられるDBシステムと同じコンパートメントに作成されます
  • 新しいクラウドExadataインフラストラクチャ・リソースおよびクラウドVMクラスタは、置き換えられるDBシステムと同じネットワーキング構成を使用します
  • 切替え後は、古いExadata DBシステム・リソースに対する操作は実行できません
  • 切替えは永続的であり、変更は元に戻せません
  • X6、X7、X8およびExadataベース・システムは、切替え後も固定シェイプを保持し、拡張できません。
Exadata DBシステムを新しいExadataリソース・モデルに切り替えるには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「ベア・メタル、VMおよびExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. DBシステムのリストで、新しいリソース・モデルに切り替えるExadata DBシステムを検索し、そのハイライト表示されている名前をクリックしてシステムの詳細を表示します。
  4. 「その他のアクション」「新規APIに切替え」の順にクリックします。
  5. 表示された確認ページで、「切替え後に予想されること」のセクションを読みます。新しいリソース・モデルおよびAPIに切り替える準備ができたら、「開始」をクリックします。

    注意

    新しいリソース・モデルおよびAPIへのExadata DBシステムの切替えは予約できません。DBシステムのAPIを利用するシステムの自動化がある場合、状況によっては切り替える前にアプリケーションを更新する必要があります。