外部データベース・サービス

OCIの外部データベース・サービスを使用して、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)の外部にあるOracle Databasesを管理およびモニターできます。外部データベースでは、データベース管理などのクラウドベースのツールを外部データベースで使用できます。外部データベースは、単一インスタンスのOracle DatabasesとOracle RACインスタンスの両方で使用できます。

外部データベースで使用可能な関連サービス

外部データベースでは、データベース管理オペレーション・インサイトなどのサービスを利用して、Oracle Cloud Infrastructureの外部にあるOracle Databasesを分析および管理できます。

データベース管理サービス

データベース管理者は、Oracle Cloud Infrastructureデータベース管理サービスを使用して、Oracle Databasesをモニターおよび管理できます。データベース管理は、Oracle Databaseバージョン11.2.0.4以降をサポートしています。データベース管理を使用して、次のことを実行できます:

  • Oracle Databasesのフリートのキー・パフォーマンスおよび構成メトリックをモニターします。選択した期間のデータベース・メトリックを比較および分析することもできます。
  • コンパートメントをまたがって存在する重要なOracle Databasesをデータベース・グループにグループ化し、モニターします。
  • 単一のOracleデータベースまたはデータベース・グループに対して管理操作を実行するSQLジョブを作成します。
  • パフォーマンス・ハブを使用して、データベース・パフォーマンスをモニターし、待機時間、パフォーマンスの低下、データベース・パフォーマンスの変化の原因の特定などのパフォーマンスの問題を診断します。詳細は、パフォーマンス・ハブを使用したデータベースのパフォーマンスの分析を参照してください。

データベース管理サービスの詳細なドキュメントは、データベース管理を参照してください。

オペレーション・インサイト・サービス

オペレーション・インサイトは、データベースおよびホストのリソース使用率および容量に関する360度のインサイトを提供します。CPUおよびストレージ・リソースを簡単に分析し、容量の問題を予測し、データベース・フリート全体でSQLパフォーマンスの問題をプロアクティブに識別できます。詳細は、オペレーション・インサイトのドキュメントを参照してください。

外部データベース・サービスの仕組み

OCI外部データベース・サービスを使用して外部データベースを管理するには、テナンシ内の外部データベースを表す"ハンドル"と呼ばれるOCIリソースを作成します。データベースのハンドルを作成した後、データベース接続と呼ばれる2つ目のリソースを作成します。接続には、OCIテナンシが外部データベースに接続するために必要な情報が格納されます。接続リソースを作成し、OCIハンドルを外部データベース・インスタンスに接続した後、データベース管理サービスを有効にしてデータベースのヘルスとパフォーマンスをモニターできます。

OCI外部データベース・ハンドル

次のタイプの外部データベースに対してOCI外部データベース・ハンドルを作成できます:

  • 外部コンテナ・データベース
  • 外部プラガブル・データベース
  • 外部非コンテナ・データベース

ハンドルには、OCI内でデータベース・インスタンスを管理できるいくつかのメタデータが格納されます。このメタデータには、OCIでのハンドルの管理に関連する次の情報が含まれます:

  • OCID: 外部データベース・インスタンスをOCI内で識別および管理できます。
  • OCI表示名
  • コンパートメント割当て情報(オプション)
  • タグ(オプション)

ハンドルには、OCI関連のメタデータに加えて、データベース・インスタンスから導出されたメタデータが格納されます。これには、データベースの一意の名前、Oracle Databaseソフトウェアのエディションとバージョン、およびその他の詳細が含まれます。ハンドルによって格納されたこの情報はすべて、OCIコンソールで表示するか、APIを使用して取得できます。外部データベース・インスタンスから導出されたメタデータ(データベースの一意の名前など)は、ハンドルとインスタンスの間にデータベース接続が確立された後にのみ、ハンドルに移入されます。

プラガブル・データベースを検出するための外部コンテナ・データベースのスキャン

外部コンテナ・データベース・ハンドルを作成して接続した後、そのハンドルを使用して外部コンテナ・データベースをスキャンし、OCIに接続されていないプラガブル・データベースを検出できます。Oracle Cloud Infrastructureに接続されていないプラガブル・データベースが検出された場合は、スキャン操作によって生成された作業リクエストにこれらのデータベースの接続詳細がリストされます。詳細は、外部コンテナ・データベースでプラガブル・データベースをスキャンするにはを参照してください。

OCIデータベース接続リソース

OCIデータベース接続リソースには、特定のハンドルが外部Oracle Databaseインスタンスに接続する方法の詳細が格納されます。これらの詳細には、次の情報が含まれます:

  • 次のような接続文字列情報:
    • DNSホスト名、単一クライアント・アクセス名(SCAN)または仮想IP (VIP)アドレス
    • ポート
    • サービス名
    • ネットワーク・プロトコル
  • 接続タイプおよびOCIエージェントID
  • ユーザー資格証明およびロール

前提条件

外部データベース・サービスを使用するには、次のものが必要です:

  • Oracle Cloud Infrastructure (OCI)テナンシ。OCIを現在使用していない場合は、テナンシの設定を参照してください。
  • OCIの外部にある1つ以上の外部データベース。外部データベース・サービスでは、Oracle Databaseソフトウェア・バージョン(11gR2、12cR1、12cR2、18cおよび19c)を使用するコンテナ・データベース、プラガブル・データベースおよび非コンテナ・データベースがサポートされます。外部データベース・サービスは、データベース・クローンおよび高可用性/ディザスタ・リカバリ・データベースのスタンバイ・データベースで使用できます。
  • ソース資格証明を持つ管理エージェントクラウド・サービス・エージェント。OCIでのこのリソースの作成の詳細は、管理エージェントのドキュメントを参照してください。