データベース・メトリック

メトリックアラームおよび通知を使用して、Oracle Cloud Infrastructure Databaseサービスのリソースのヘルス、容量およびパフォーマンスをモニターできます。詳細は、モニタリングおよび通知を参照してください。

データベース・サービスのメトリックは、CPUとストレージの使用率、データベースのログオンおよび接続試行の成功数や失敗数、データベース操作、SQL問合せ、トランザクションなど、有用な数量データを測定するのに役立ちます。メトリック・データを使用すると、データベース・サービス・リソースの問題を診断してトラブルシューティングできます。

現在使用可能なデータベース・メトリックの詳細は、次のトピックを参照してください:

前提条件

IAMポリシー: リソースをモニターするには、コンソールを使用しているか、SDK、CLIまたはその他のツールによりREST APIを使用しているかにかかわらず、管理者により記述されたポリシー内で必要なアクセスのタイプを付与されている必要があります。ポリシーでは、モニター・サービスおよびモニター対象のリソースにアクセス権を付与する必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを管理者に確認してください。モニタリングのユーザー認可の詳細は、関連するサービスの認証および認可の項(モニタリングまたは通知 )を参照してください。