DBAASツール: dbaascliを使用したクラウド・ツール・ログの収集およびクラウド・ツールの ヘルス・チェックの実行

dbaascli diagコマンドを使用すると、Exadata Cloud ServiceおよびExadata Cloud@CustomerシステムのdomU dbaasツール・ログを収集できます。これらのログを使用して、dbaasツールに関連する問題をトラブルシューティングできます。

DBaaS Tools Cloud Tooling RPM 21.2.1以降では、diagコマンドを使用してdbaastoolsログを収集し、Exadataクラスタ内のすべてのノードでヘルス・チェックを実行できます。

ノート

  • dbaascli diagコマンドは、ルート・ユーザーとして実行する必要があります
  • 単一ノードでdbaascli diag collectコマンドを実行すると、すべてのノードのログ・データが収集されます
  • 長時間実行されるコマンドにnohupオプションを使用して、このトピックに記載されているコマンドを実行することをお薦めします。モニター可能な場所にコマンド出力をリダイレクトします。

Exadata Cloud Toolingの更新の詳細は、dbaascliを使用したDBAAS Cloud Toolingのアップグレード方法(ドキュメントID 2350471.1)を参照してください。

ツール・ログ・データを収集する構文

dbaascli dbaascli diag collectコマンドでは、ツール・ログ・データの収集に次の構文が使用されます:

dbaascli diag collect [parameters]
パラメータ 説明 必須 許容値 デフォルト値
--help コマンドのヘルプにアクセスします。 いいえ 適用なし なし
--destLocation 収集されたログを格納するdomUディレクトリの場所。 いいえ クラスタ内のすべてのノードに存在する有効なフルパスの場所。

パラメータを指定しない場合、ログ・ファイルは次のように収集されます。

ログは/var/opt/oracle/dbaas_acfsに収集されます。

その場所を使用できない場合、システムは/u02でログを収集します。

コマンド出力には、ログの収集に使用されるディレクトリの場所が表示されます。

--dbNames ログを収集するデータベースのdbName値。現在、コマンドごとにdbNameを1つだけ指定できます。 いいえ システムの有効なdbName値。 なし
--startTime ログ収集の開始時刻。--endTimeパラメータを使用する必要があります。 いいえ 形式: YYYY-MM-DDTHH24:MM:SS。--endTimeパラメータとともに使用する必要があります。 パラメータを指定しない場合、現在のシステム時間の24時間前に開始時刻が設定されます。
--endTime ログ収集の開始時刻。-- startTimeパラメータを使用する必要があります。 いいえ 形式: YYYY-MM-DDTHH24:MM:SS。--startTimeパラメータとともに使用する必要があります。 パラメータが指定されていない場合、終了時間は現在のシステム時間に設定されます。
--nodes ログを収集するノードのカンマ区切りリスト。 いいえ

形式:

node1,node2

パラメータが指定されていない場合、システムはクラスタ内のすべてのノードのログを収集します。

--components ログ収集のコンポーネントのリスト。 いいえ

次のいずれか:

db|gi|os|dbaastools|all

パラメータが指定されていない場合は、dbaastoolsのログが収集されます。
--objectStoreBucketUri 収集されたログのアップロードに使用されるオブジェクト・ストレージ・サービスの事前認証済リクエスト(PAR) URL。ログはdomUから収集されます。詳細は、事前認証済リクエストの使用を参照してください。 いいえ 事前認証済のURL。 なし
例: すべてのデータベースのログ収集
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect
dbaascli diag collect called without component
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210322-2130.tar.gz
例: 指定したデータベースのログ収集
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --dbNames myOracleDatabase19cName
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --dbNames myOracleDatabase19cName
dbaascli diag collect called without component
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210322-2128.tar.gz
例: 指定したdomUディレクトリへのログ収集
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --destLocation /tmp/test/
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --destLocation /tmp/test
dbaascli diag collect called without component
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: /tmp/test/diag_cloudlogs_20210322-1731.tar.gz
例: 指定した時間枠のログ収集
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --startTime 2021-03-19T10:00:00 --endTime 2021-03-20T10:00:00
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --startTime 2021-03-19T10:00:00 --endTime 2021-03-20T10:00:00
dbaascli diag collect called without component
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210322-2245.tar.gz
例:特定のノードのログ収集
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --nodes rbcl1,rbcl2
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --nodes rbcl1,rbcl2
dbaascli diag collect called without component
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210421-1848.tar.gz
例:特定のコンポーネントのログ・コレクション
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --components dbaastools
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --components dbaastools
dbaascli diag collect called with component dbaastools
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210421-1851.tar.gz
例: PAR URLを使用した収集したログのオブジェクト・ストレージへの保存
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --objectStoreBucketUri https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/t0Z-kRV5pSmFzqnf-y5XhaAbM4LS82epeBnulKnCr31IeHVjxI9tOkntLF2kq7fP/n/MyNamespace/b/MyParBucket/o/
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --objectStoreBucketUri https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/t0Z-kRV5pSmFzqnf-y5XhaAbM4LS82epeBnulKnCr31IeHVjxI9tOkntLF2kq7fP/n/MyNamespace/b/MyParBucket/o/
dbaascli diag collect called without component
INFO: Starting diag collect
INFO: Collected diag logs at: https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/t0Z-kRV5pSmFzqnf-y5XhaAbM4LS82epeBnulKnCr31IeHVjxI9tOkntLF2kq7fP/n/MyNamespace/b/MyNamespace/o/diag_cloudlogs_20210421-1839.tar.gz
例: nohupモードを使用したログ収集
[root@exampleOracleDB ~]# nohup dbaascli diag collect > /tmp/nohup.out 2>&1 &

コマンドの実行後、/tmp/nohup.outで完了をモニターします。

例: --helpを使用した、ツール・ログ・データの収集に関するインライン・ドキュメントへのアクセス
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag collect --help
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag collect --help
    diag collect - collect.
        [--destLocation - Location on domU to collect logs. Default : /var/opt/oracle/dbaas_acfs ]
        [--startTime - startTime for log collection. Ex : YYYY-MM-DDTHH24:MM:SS]
        [--dbNames - dbName for which to collect logs. Only one dbName can be specified]
        [--endTime - endTime for log collection. Ex : YYYY-MM-DDTHH24:MM:SS]

ヘルス・チェックを実行する構文

dbaascli dbaascli diag healthcheckコマンドでは、次に示す構文を使用して、すべてのシステム・ノードでヘルス・チェックを実行します:

dbaascli diag healthcheck [parameters]
パラメータ 説明 必須 許容値 デフォルト値
--help コマンドのヘルプにアクセスします。 いいえ 適用なし なし
--destLocation 収集されたログ情報を格納するdomUディレクトリの場所。 いいえ クラスタ内のすべてのノードに存在する有効なフルパスの場所。

パラメータを指定しない場合、ログ・ファイルは次のように収集されます。

ログは/var/opt/oracle/dbaas_acfsに収集されます。

その場所を使用できない場合、システムは/u02でログを収集します。

コマンド出力には、ログの収集に使用されるディレクトリの場所が表示されます。

--nodes ログを収集するノードのカンマ区切りリスト。 いいえ

形式:

node1,node2

パラメータが指定されていない場合、システムはクラスタ内のすべてのノードのログを収集します。

--objectStoreBucketUri 収集されたログのアップロードに使用されるオブジェクト・ストレージ・サービスの事前認証済リクエスト(PAR) URL。ログはdomUから収集されます。詳細は、事前認証済リクエストの使用を参照してください。 いいえ URLは事前認証済である必要があります。 なし
例: ヘルス・チェック情報
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag healthcheck                
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag healthcheck
INFO: Starting diag healthcheck
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210322-2246.tar.gz
例:指定したdomUディレクトリへのヘルス・チェック情報の保存
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag healthcheck --destLocation /tmp/test
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag healthcheck --destLocation /tmp/test
INFO: Starting diag healthcheck
INFO: Collected diag logs at: /tmp/test/diag_cloudlogs_20210322-2250.tar.gz
例:特定のノードのヘルス・チェック情報
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag healthcheck --nodes rbcl1,rbcl2                   
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag healthcheck --nodes rbcl1,rbcl2
INFO: Starting diag healthcheck
INFO: Collected diag logs at: /var/opt/oracle/dbaas_acfs/diag_cloudlogs_20210421-1915.tar.gz
例: PAR URLを使用したオブジェクト・ストレージへのヘルス・チェック情報の保存
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag healthcheck --objectStoreBucketUri https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/t0Z-kRV5pSmFzqnf-y5XhaAbM4LS82epeBnulKnCr31IeHVjxI9tOkntLF2kq7fP/n/MyNamespace/b/MyParBucket/o/
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag healthcheck --objectStoreBucketUri https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/t0Z-kRV5pSmFzqnf-y5XhaAbM4LS82epeBnulKnCr31IeHVjxI9tOkntLF2kq7fP/n/MyNamespace/b/MyParBucket/o/
INFO: Collected diag logs at: https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/t0Z-kRV5pSmFzqnf-y5XhaAbM4LS82epeBnulKnCr31IeHVjxI9tOkntLF2kq7fP/n/MyNamespace/b/MyParBucket/o/diag_cloudlogs_20210421-1839.tar.gz
例: --helpを使用したヘルス・チェック・コマンドのインライン・ドキュメントへのアクセス
[root@exampleOracleDB ~]# dbaascli diag healthcheck --help
DBAAS CLI version MAIN
Executing command diag healthcheck --help
    diag healthcheck - healthcheck.
        [--destLocation - Location on domU to collect logs. Default : /var/opt/oracle/dbaas_acfs ]