Exadataデータベースのバックアップの管理

このトピックでは、Oracle Cloud Infrastructureによって管理されるExadataデータベースのバックアップの操作方法について説明します。これを行うには、コンソールまたはAPIを使用します。(管理対象外のバックアップの詳細は、bkup_apiを使用したExadataデータベースのバックアップの管理を参照してください。)

重要

以前にbkup_apiを使用してバックアップを構成していた場合、コンソールまたはバックアップ用のAPIの使用に切り替えます:

  • 新しいバックアップ構成が作成され、データベースに関連付けられます。このため、以前に構成した管理対象外バックアップを使用できなくなります。
  • bkup_apiは、cronジョブを使用してバックアップをスケジュールします。管理対象バックアップの使用に切り替えたときに、これらのジョブは自動的には削除されません。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。

前提条件

重要

バックアップの失敗を回避するには、データベースのアーカイブ・モードをARCHIVELOG (デフォルト)に設定します。

コンソールの使用

コンソールを使用して、自動増分バックアップの有効化、オンデマンドでの完全バックアップの作成、データベースの管理対象バックアップのリストの表示が可能です。コンソールを使用して、手動(オンデマンド)バックアップを削除することもできます。

ノート

  • コンソールに表示されるバックアップのリストには、管理対象外のバックアップ(bkup_apiを使用して直接作成されたバックアップ)は含まれません。
  • すべてのバックアップは、Transparent Data Encryption (TDE)ウォレット暗号化に使用される同じマスター・キーで暗号化されます。
  • 特定のデータベースのバックアップは、そのデータベースの詳細ページにリストされます。独自の暗号化キーを使用してデータベースを保護している場合、「暗号化キー」列には「Oracle管理キー」またはキー名が表示されます。詳細は、ボールトおよびキーのバックアップを参照してください。
注意

: ボールトから必要な暗号化キーを削除しないでください。削除すると、キーで保護されているデータベースおよびバックアップが使用できなくなります。

バックアップ操作を正常に実行するには、データベースとインフラストラクチャ(VMクラスタまたはDBシステム)が「使用可能」状態である必要があります。バックアップ操作の進行中に可用性(パッチ適用操作など)に影響を与える可能性のあるアクションは実行しないことをお薦めします。自動バックアップ操作が失敗した場合、データベース・サービスは次の日のバックアップ・ウィンドウで操作を再試行します。オンデマンドの完全バックアップが失敗した場合、Exadata Cloud Serviceインスタンスおよびデータベースの可用性がリストアされると、操作を再試行できます。

自動増分バックアップ

自動バックアップ機能を有効にすると、オブジェクト・ストレージへのデータベースの日次増分バックアップがサービスによって作成されます。作成される最初のバックアップは、レベル0のバックアップです。その後、レベル1のバックアップが、次の週末まで毎日作成されます。新しいレベル0のバックアップから開始して、週末ごとにサイクルが繰り返されます。

バックアップの保持

自動バックアップを有効にすることを選択した場合、事前設定された保持期間(7日、15日、30日、45日または60日)のいずれかを選択できます。増分バックアップは、選択した保持期間の終了時に自動的に削除されます。

バックアップ・スケジューリング

自動バックアップ・プロセスは、日次バックアップ・ウィンドウ内のいつでも開始されます。オプションで、データベースに2時間のスケジュール・ウィンドウを指定できます。そのウィンドウ内で自動バックアップ処理が開始します。12のスケジュール・ウィンドウから選択でき、それぞれ偶数時に開始します(たとえば、1つのウィンドウは午前4:00から6:00まで実行され、次のウィンドウは午前6:00から8:00まで実行されます)。バックアップ・ジョブがスケジュール・ウィンドウ内で完了するとはかぎりません

バックアップ・ウィンドウを指定していない場合は、Exadata Cloud Serviceインスタンスのリージョンのタイム・ゾーンの00:00から06:00までのデフォルトのバックアップ・ウィンドウがデータベースに割り当てられます。デフォルトのバックアップのスケジュール・ウィンドウは6時間で、指定したウィンドウは2時間であることに注意してください。

ノート

  • Data Guard - データベースの自動バックアップ機能をData Guardアソシエーションのスタンバイ・ロールで有効にできます。ただし、データベースに対する自動バックアップは、プライマリ・ロールを引き継ぐまで作成されません。
  • 保持期間の変更 - 今後、データベースの自動バックアップの保持期間を短くすると、更新された保持期間外に存在する既存のバックアップはシステムによって削除されます。
  • オブジェクト・ストレージ・コスト - 自動バックアップでは、オブジェクト・ストレージの使用量のコストが発生します。

オンデマンドの完全バックアップ

データベースの全体バックアップは、いつでも作成できます。

スタンドアロン・バックアップ

Exadata Cloud Serviceインスタンスを終了すると、データベースとそのすべてのリソースが自動バックアップとともに削除されます。完全バックアップは、スタンドアロン・バックアップとしてオブジェクト・ストレージに残ります。スタンドアロン・バックアップを使用して新規データベースを作成できます。

データベースの自動バックアップを構成するには

Exadata Cloud Serviceインスタンスを作成するときに、オプションで初期データベースの自動バックアップを有効にできます。この手順を使用して、データベースの作成後に自動バックアップを有効または無効にできます。

ノート

セキュリティ・ゾーン・コンパートメント内のデータベースでは、自動バックアップが有効になっている必要があります。データベース・サービス・リソースに影響するポリシーの完全なリストは、セキュリティ・ゾーン・ポリシーのトピックを参照してください。
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 構成するデータベースを含むクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. データベースのリストで、自動バックアップを有効化または無効化するデータベースを検索し、その名前をクリックしてデータベースの詳細を表示します。自動バックアップが有効かどうかの詳細が示されます。
  5. 「自動バックアップの構成」をクリックします。
  6. 「自動バックアップの構成」ダイアログで、必要に応じて「自動バックアップの有効化」を選択または選択を解除します。自動バックアップを有効にする場合、事前設定された保持期間(7日、15日、30日、45日または60日)のいずれかを選択できます。デフォルトの選択は30日です。
  7. 「変更の保存」をクリックします。
データベースのオンデマンド完全バックアップを作成するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. バックアップするデータベースを含むクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. データベースのリストで、オンデマンドの完全バックアップを作成するデータベースを検索し、その名前をクリックしてデータベースの詳細を表示します。
  5. 「リソース」で、「バックアップ」をクリックします。

    バックアップのリストが表示されます。

  6. 「バックアップの作成」をクリックします。
オブジェクト・ストレージから完全バックアップを削除するには
ノート

自動バックアップは明示的に削除できません。データベースを終了しないかぎり、自動バックアップはオブジェクト・ストレージに30日間保持され、その後自動的に削除されます。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 削除するデータベース・バックアップを含むクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. データベースのリストで、対象のデータベースを検索し、その名前をクリックしてデータベースの詳細を表示します。
  5. 「リソース」で、「バックアップ」をクリックします。

    バックアップのリストが表示されます。

  6. 対象のバックアップの「アクション」メニューをクリックして、「削除」をクリックします。
  7. プロンプトが表示されたら確認します。

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

次のAPI操作を使用して、データベース・バックアップを管理します:

データベース・サービスのAPIの完全なリストは、データベース・サービスAPIを参照してください。