Exadata Cloud ServiceインスタンスでのOracle Database Homeの作成

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用して、Oracle Database Home (Oracle Cloud Infrastructureでは"データベース・ホーム"と呼ばれる)を既存のExadata Cloud Serviceインスタンスに追加できます。

データベース・ホームとは、Oracle Databaseソフトウェア・バイナリ・ファイルを含むExadataデータベースのコンピュート・ノード上のディレクトリの場所です。コンピュート・ノードは、Oracle Cloud Infrastructureコンソールでは仮想マシンとも呼ばれます。

Exadata Cloud Serviceインスタンスをプロビジョニングした後、インスタンスに1つ以上のデータベース・ホームを作成し、任意のデータベース・ホームにデータベースを追加できます。

dbaascliユーティリティを使用して、データベース・ホームの追加や削除、またデータベース・ホームで他の管理タスクの実行を行うこともできます。詳細および手順は、Exadata Cloud Serviceでのdbaascliユーティリティの使用を参照してください。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

管理者の場合: データベース管理者によるOracle Cloudデータベース・システムの管理のポリシーにより、指定したグループがデータベースおよび関連データベース・リソースを含むすべてのものを実行できます。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。データベースのポリシーの書込みを詳細に確認する場合は、データベース・サービスの詳細を参照してください。

コンソールの使用

既存のExadata Cloud Serviceインスタンスに新しいデータベース・ホームを作成するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 新しいデータベース・ホームを作成するクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. 「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。

    データベース・ホームのリストが表示されます。

  5. 「データベース・ホームの作成」をクリックします。

  6. 「データベース・ホームの作成」ダイアログで、次のように入力します:

    • データベース・ホームの表示名: データベース・ホームの表示名。機密情報の入力は避けてください。
    • データベース・イメージ: データベースに使用するOracle Databaseのバージョンを決定します。データベース・バージョンはExadata Cloud Serviceインスタンスで混在できますが、エディションは混在できません。デフォルトでは、最新のOracle公開データベース・ソフトウェア・イメージが選択されています。

      「データベース・イメージの変更」をクリックして、古いOracle公開イメージまたは事前に作成したカスタム・データベース・ソフトウェア・イメージを使用し、「イメージ・タイプ」を選択します:

      • Oracle提供のデータベース・ソフトウェア・イメージ: これらのイメージには、Oracle Databaseソフトウェアの一般提供バージョンが含まれます。
      • カスタム・データベース・ソフトウェア・イメージ: これらのイメージは、組織によって作成され、ソフトウェアの更新およびパッチのカスタマイズされた構成を含みます。「コンパートメントの選択」および「データベースのバージョンの選択」セレクタを使用して、カスタム・データベース・ソフトウェア・イメージのリストを特定のコンパートメントまたはOracle Databaseソフトウェアのメジャー・リリース・バージョンに制限します。

        重要

        カスタム・データベース・ソフトウェア・イメージは、次の基準を満たすOracle Databaseリリースに基づいている必要があります。

        • このリリースは現在Oracle Cloud Infrastructureでサポートされています
        • このリリースは、データベース・ホームを作成するハードウェア・モデルでサポートされています。

      ソフトウェア・イメージを選択した後、「選択」をクリックして「データベースの作成」ダイアログに戻ります。

    • 「拡張オプションの表示」をクリックして、データベース・ホームの拡張オプションを指定します。

      • タグ: リソースの作成権限がある場合は、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用するかどうかわからない場合は、このオプションをスキップするか(後からでもタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  7. 「作成」をクリックします。

データベース・ホームの作成が完了すると、ステータスが「プロビジョニング」から「使用可能」に変わります。

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

CreateDbHome API操作を使用して、データベース・ホームを作成します。

データベース・サービスのAPIの完全なリストは、データベース・サービスAPIを参照してください。