Exadata Cloud ServiceインスタンスでのOracle Database Homeの管理

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用して、Oracle Databaseホーム(Oracle Cloud Infrastructureでは「データベース・ホーム」と呼ばれる)の削除または情報の表示を行うことができます。

これらのタスクを手動実行する方法の詳細は、Exadata Cloud Serviceでのdbaascliユーティリティの使用を参照してください。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

管理者の場合: データベース管理者によるOracle Cloudデータベース・システムの管理のポリシーにより、指定したグループがデータベースおよび関連データベース・リソースを含むすべてのものを実行できます。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。データベースのポリシーの書込みを詳細に確認する場合は、データベース・サービスの詳細を参照してください。

コンソールの使用

データベース・ホームについての情報を表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. データベース・ホームを含むクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. 「DBシステムの詳細」ページの「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。
  5. データベース・ホームのリストで対象のデータベース・ホームを探し、名前をクリックすると詳細が表示されます。
データベース・ホームを削除するには

データベースが含まれているデータベース・ホームは削除できません。データベースを終了してから、データベース・ホームを空にする必要があります。データベースを終了する方法を学習するには、データベースを終了するにはを参照してください。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 削除するデータベース・ホームを含むクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. 「DBシステムの詳細」ページの「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。
  5. データベース・ホームのリストで、削除するデータベース・ホームを探し、名前をクリックすると詳細が表示されます。
  6. 「データベース・ホームの詳細」ページで、「削除」をクリックします。

    データベース・ホームにデータベースが含まれている場合は、続行できません。削除を取り消し、必要に応じてデータベース・ホームを空にした後で、削除を再試行する必要があります。

データベース・ホームのタグを管理するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. データベース・ホームを含むクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します:

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. 「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。
  5. データベース・ホームのリストで、管理するデータベース・ホームを探します。
  6. データベース・ホームが示されている行で「アクション」メニューをクリックし、「タグの追加」をクリックします。

詳細は、リソース・タグを参照してください。

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

次のAPI操作を使用して、データベース・ホームを管理します:

データベース・サービスのAPIの完全なリストは、データベース・サービスAPIを参照してください。