Exadata Cloud Serviceインスタンスへのパッチ適用

このトピックでは、コンソール、APIまたはCLIを使用してExadata Cloud Serviceリソースでパッチ適用操作を実行する方法について説明します。

ヒント

Oracleでは、ターゲット・パッチ適用レベルを使用するデータベース・ホームにデータベースを移動することで、そのデータベースにパッチを適用することをお薦めします。このデータベース・パッチ適用方法の手順は、データベースを別のデータベース・ホームに移動してデータベースにパッチを適用するにはを参照してください。

dbaascliユーティリティを使用したシステムへのパッチ適用手順の詳細は、dbaascliを使用したOracle Grid InfrastructureおよびOracleデータベースへのパッチ適用を参照してください。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、自分がどのタイプのアクセス権を持っているか、およびどのコンパートメントで作業するかを管理者に確認してください。

管理者の場合: データベース管理者によるOracle Cloudデータベース・システムの管理のポリシーにより、指定したグループがデータベースおよび関連データベース・リソースを含むすべてのものを実行できます。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。データベースのポリシーの書込みを詳細に確認する場合は、データベース・サービスの詳細を参照してください。

Exadata Cloud Serviceリソースへのパッチ適用について

このトピックでは、Exadata Cloud Serviceインスタンスで実行されるパッチ適用のタイプについて説明し、パッチ適用操作を完了する手順を示します。

Oracle Grid Infrastructure (GI)パッチ適用

Exadata Cloud Serviceインスタンスにパッチを適用すると、インスタンス内のすべてのコンピュート・ノードのコンポーネントが更新されます。VMクラスタまたはDBシステム・パッチは、リソースのOracle Grid Infrastructure (GI)を更新します。

ノート

インスタンスで使用されているクラウドExadataリソース・モデルによって、DBシステム・リソースとクラウドVMクラスタ・リソースのどちらでGrid Infrastructureにパッチを適用するかが決まります。VMクラスタは、新しいリソース・モデルで使用されます。DBシステムは、システムの停止時間なしで新しいリソース・モデルに簡単に移行できます。

データベース・ホームのパッチ適用

データベース・ホームのパッチでは、そのホーム内のデータベースで共有されているOracle Databaseソフトウェアが更新されます。したがって、データベースには次のいずれかの方法でパッチを適用します:

  • 正しいパッチ・バージョンのデータベース・ホームにデータベースを移動します。これは、移動するデータベースにのみ影響します。
  • データベースが現在存在するデータベース・ホームへのパッチ適用。これは、パッチを適用するデータベース・ホームにあるすべてのデータベースに影響します。

データベース・ホームにパッチを適用する場合、Oracle提供のデータベース・ソフトウェア・イメージを使用して、一般提供されているOracle Databaseソフトウェア更新を適用するか、組織で作成されたカスタム・データベース・ソフトウェア・イメージを使用して、データベースで必要な特定のパッチ・セットを適用できます。カスタム・イメージの作成および使用の詳細は、Oracle Databaseソフトウェア・イメージを参照してください。

パッチ適用操作の実行手順は、データベース・ホーム(クラウドVMクラスタ)でOracle Databaseソフトウェアにパッチを適用するにはを参照してください。古いDBシステム・リソース・モデルを使用するExadata Cloud Serviceインスタンスの場合は、データベース・ホーム(DBシステム)でOracle Databaseソフトウェアにパッチを適用するにはを参照してください。

Exadata Cloud Serviceコンポーネントのパッチ適用のベスト・プラクティス

次のベスト・プラクティスを検討してください:

  • パッチを適用する前にデータベースをバックアップします。データベースのバックアップの詳細は、Exadataデータベース・バックアップの管理を参照してください。
  • VMクラスタまたはExadata DBシステムのパッチは、そのリソース上のデータベース・ホームおよびデータベースにパッチを適用する前に適用します。
  • パッチを適用する前に、事前チェック操作を実行して、VMクラスタ、Exadata DBシステムまたはデータベース・ホームがそのパッチの要件を満たしていることを確認します。
  • データベースにパッチを適用して、現在のホームのデータベース・バージョン以外のバージョンにするには、ターゲット・バージョンを実行しているデータベース・ホームにデータベースを移動します。この方法では、必要な停止時間が短縮され、データベースを古いデータベース・ホームに戻すことで、前のバージョンに簡単にロールバックできます。データベースを別のデータベース・ホームに移動してデータベースにパッチを適用するにはを参照してください。
  • Oracle Cloud Infrastructureで使用可能なOracle DatabaseおよびOracle Grid Infrastructureのメジャー・バージョン・リリースについては、現在のバージョンと直近の3つの古いバージョン(NからN - 3)のパッチが提供されます。たとえば、インスタンスでOracle Database 19cが使用されており、提供されている19cの最新バージョンが19.8.0.0.0である場合、バージョン19.8.0.0.0、19.7.0.0、19.6.0.0および19.5.0.0のパッチを使用できます。

前提条件

Exadata Cloud Serviceインスタンスでは、オブジェクト・ストレージに対する適用可能なSwiftエンドポイントへの接続を含む、Oracle Cloud Infrastructure Object Storageサービスへのアクセスが必要です。Oracleでは、このアクセスを有効にするために、VCNでサービス・ゲートウェイを使用することをお薦めします。詳細は、次のトピックを参照してください:

重要

次に示す前提条件に加え、パッチ適用の失敗を回避するために次の条件が満たされていることを確認します:

  • データベース・ホスト・ファイル・システムの/u01ディレクトリに、パッチ適用プロセスを実行するための少なくとも15GBの空き領域がある。
  • Oracle ClusterwareがExadata Cloud Serviceインスタンス上で稼働している。
  • インスタンスのすべてのノードが稼働している。

コンソールの使用

コンソールを使用して、Exadata Cloud Serviceインスタンスでのパッチ操作の履歴の表示、パッチの適用およびパッチ操作のステータスのモニターを行うことができます。

DBシステム・リソース・モデルを使用するExadataインスタンスへのパッチ適用

この項のタスクでは、Exadata DBシステムおよびそのデータベース・ホームでパッチを適用し、パッチ操作のステータスをモニターする方法について説明します。

Exadata DBシステムでOracle Grid Infrastructureにパッチを適用するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「ベア・メタル、VMおよびExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. DBシステムのリストで、パッチを適用するExadata DBシステムの名前をクリックして、DBシステムの詳細を表示します。
  4. 「DBシステム・バージョン」で、「使用可能な最新パッチ」フィールドの横にある「表示」リンクをクリックします。
  5. DBシステムで使用可能なパッチのリストを確認します。
  6. 対象のパッチの「アクション」メニューをクリックし、次のいずれかのアクションをクリックします:

    • 事前チェックの実行: 前提条件をチェックして、パッチを正常に適用できることを確認します。
    • 適用: 選択したパッチを適用します。パッチを適用する前に事前チェック操作を実行することを強くお薦めします。
  7. プロンプトが表示されたら確認します。

    パッチ・リストに操作のステータスが表示されます。パッチが適用されている間、パッチのステータスは「パッチ適用中」と表示され、DBシステムのステータスは「更新中」と表示されます。DBシステムおよびそのリソースに対するライフサイクル操作は、一時的に使用できなくなる可能性があります。パッチ適用が正常に完了すると、パッチのステータスが「適用済」に変わり、DBシステムのステータスが「使用可能」に変わります。個々のパッチ操作の詳細を表示するには、「パッチ履歴」をクリックします。

データベース・ホーム(DBシステム)でOracle Databaseソフトウェアにパッチを適用するには
ノート

このパッチ適用手順では、データベース・ホームにあるすべてのデータベースのOracle Databaseソフトウェアを更新します。個々のデータベースにパッチを適用するには、目的のOracle Databaseソフトウェア構成を使用する別のデータベース・ホームにデータベースを移動します。
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「ベア・メタル、VMおよびExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. DBシステムのリストで、パッチを適用するデータベース・ホームを含むExadata DBシステムの名前をクリックして、DBシステムの詳細を表示します。
  4. 「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。
  5. パッチを適用するデータベース・ホームの名前をクリックして、データベース・ホームの詳細を表示します。
  6. Database Software Version」で、「Latest Patch Available」フィールドを見つけて「View」をクリックします。
  7. データベース・ホームで使用可能なパッチを確認します。Oracle提供のソフトウェア・イメージまたはカスタム・ソフトウェア・イメージを使用してパッチを適用することを選択できます。Oracle提供のイメージは、通常、使用可能なリリース更新です。カスタム・ソフトウェア・イメージは、指定したパッチ・セットを使用して組織によって作成されます。カスタム・ソフトウェア・イメージの作成の詳細は、「Oracle Databaseソフトウェア・イメージ」を参照してください。パッチの適用に使用するイメージは、Oracle Databaseソフトウェア・リリースの最新バージョンまたは以前のバージョンのいずれかに基づいている必要があります。
  8. 表の行の最後に、目的のパッチをリストする「アクション」メニューをクリックし、次のいずれかのアクションをクリックします:

    • 事前チェック: 前提条件をチェックして、パッチを正常に適用できることことを確認します。
    • 適用: 選択したパッチを適用します。パッチを適用する前に事前チェック操作を実行することを強くお薦めします。
  9. プロンプトが表示されたら確認します。

    パッチ・リストに操作のステータスが表示されます。パッチが適用されている間、パッチのステータスは「パッチ適用中」と表示され、データベース・ホームおよびそのデータベースのステータスは「更新中」と表示されます。操作中、ホーム内の各データベースは停止した後、再起動されます。パッチ適用が正常に完了すると、パッチのステータスが「適用済」に変わり、データベース・ホームのステータスが「使用可能」に変わります。個々のパッチ操作の詳細を表示するには、「パッチ履歴」をクリックします。

新しいリソース・モデルを使用するExadataインスタンスへのパッチ適用

この項のタスクでは、クラウドVMクラスタおよびそのデータベース・ホームでパッチを適用し、パッチ操作のステータスをモニターする方法について説明します。

ExadataクラウドVMクラスタでOracle Grid Infrastructureにパッチを適用するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 「Exadata VMクラスタ」をクリックします。
  4. クラウドVMクラスタのリストで、パッチを適用するクラスタの名前をクリックしてクラスタの詳細を表示します。
  5. 「バージョン」で、「使用可能な更新」フィールドの横にある「パッチの表示」リンクをクリックします。
  6. クラウドVMクラスタに使用可能なパッチのリストを確認します。
  7. 対象のパッチの「アクション」メニューをクリックし、次のいずれかのアクションをクリックします:

    • 事前チェックの実行: 前提条件をチェックして、パッチを正常に適用できることを確認します。
    • Grid Infrastructureの更新: 選択したパッチを適用します。パッチを適用する前に事前チェック操作を実行することを強くお薦めします。
  8. プロンプトが表示されたら確認します。

    パッチ・リストに操作のステータスが表示されます。パッチが適用されている間、パッチのステータスは「パッチ適用中」と表示され、クラウドVMクラスタのステータスは「更新中」と表示されます。クラスタおよびそのリソースに対するライフサイクル操作は、一時的に使用できなくなる可能性があります。パッチ適用が正常に完了すると、パッチのステータスが「適用済」に変わり、クラスタのステータスが「使用可能」に変わります。個々のパッチ操作の詳細を表示するには、「更新履歴」をクリックします。

データベース・ホーム(クラウドVMクラスタ)でOracle Databaseソフトウェアにパッチを適用するには
ノート

このパッチ適用手順では、データベース・ホームにあるすべてのデータベースのOracle Databaseソフトウェアを更新します。個々のデータベースにパッチを適用するには、目的のOracle Databaseソフトウェア構成を使用する別のデータベース・ホームにデータベースを移動します。
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 「Exadata VMクラスタ」をクリックします。
  4. クラウドVMクラスタのリストで、パッチを適用するクラスタの名前をクリックしてクラスタの詳細を表示します。
  5. 「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。
  6. パッチを適用するデータベース・ホームの名前をクリックして、データベース・ホームの詳細を表示します。
  7. 「データベース・ソフトウェア・バージョン」で、「使用可能な最新のパッチ」フィールドを見つけて「表示」をクリックします。
  8. データベース・ホームで使用可能なパッチを確認します。Oracle提供のソフトウェア・イメージまたはカスタム・ソフトウェア・イメージを使用してパッチを適用することを選択できます。Oracle提供のイメージは、通常、使用可能なリリース更新です。カスタム・ソフトウェア・イメージは、指定したパッチ・セットを使用して組織によって作成されます。カスタム・ソフトウェア・イメージの作成の詳細は、「Oracle Databaseソフトウェア・イメージ」を参照してください。パッチの適用に使用するイメージは、Oracle Databaseソフトウェア・リリースの最新バージョンまたは以前のバージョンのいずれかに基づいている必要があります。
  9. 表の行の最後に、目的のパッチをリストする「アクション」メニューをクリックし、次のいずれかのアクションをクリックします:

    • 事前チェック: 前提条件をチェックして、パッチを正常に適用できることことを確認します。
    • 適用: 選択したパッチを適用します。パッチを適用する前に事前チェック操作を実行することを強くお薦めします。
  10. プロンプトが表示されたら確認します。

    パッチ・リストに操作のステータスが表示されます。パッチが適用されている間、パッチのステータスは「パッチ適用中」と表示され、データベース・ホームおよびそのデータベースのステータスは「更新中」と表示されます。操作中、ホーム内の各データベースは停止した後、再起動されます。パッチ適用が正常に完了すると、パッチのステータスが「適用済」に変わり、データベース・ホームのステータスが「使用可能」に変わります。個々のパッチ操作の詳細を表示するには、「更新履歴」をクリックします。

Exadata Cloud Serviceインスタンスの個々のOracle Databasesへのパッチ適用

このタスクでは、Exadata Cloud Serviceインスタンス内の単一のOracle Databaseを別のデータベース・ホームに移動してパッチを適用する方法について説明します。データベース・ホームへのパッチ適用の詳細は、データベース・ホーム(クラウドVMクラスタ)でOracle Databaseソフトウェアにパッチを適用するにはおよびデータベース・ホーム(DBシステム)でOracle Databaseソフトウェアにパッチを適用するにはを参照してください。

データベースを別のデータベース・ホームに移動してデータベースにパッチを適用するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 移動するデータベースが含まれているクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します。

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル): 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリスト内で、移動するデータベースが含まれているVMクラスタの名前をクリックします。

    DBシステム: 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリスト内で、移動するDBシステムが含まれているDBシステムの名前をクリックします。

  4. VMクラスタまたはDBシステムの詳細ページにあるデータベースのリストで、移動するデータベースの名前をクリックして「データベース詳細」ページを表示します。
  5. 「別のホームに移動」をクリックします。
  6. ターゲット・データベース・ホームを選択します。
  7. 「データベースの移動」をクリックします。
  8. 移動操作を確認します。

    データベースは現在のホームで停止された後、宛先ホームで再起動されます。データベースが移動されている間、データベース・ホームのステータスは「データベースの移動中」と表示されます。操作が完了すると、データベース・ホームは現在のホームに更新されます。操作が失敗した場合、データベースのステータスは「失敗」と表示され、「データベース・ホーム」フィールドに失敗の理由に関する情報が表示されます。

パッチ履歴の表示

各パッチ履歴エントリは、試行されたパッチ操作を表し、操作が成功したか失敗したかを示します。失敗したパッチ操作は再試行できます。操作を繰り返すと、新しいパッチ履歴エントリが作成されます。

コンソールのパッチ履歴ビューには、dbaascliなどのコマンドライン・ツールを使用して適用されたパッチは表示されません。

サービス・インスタンスで新しいリソース・モデルが使用されている場合は、「VMクラスタ詳細」ページに移動してパッチ履歴を表示できます。サービス・インスタンスでDBシステム・リソース・モデルが使用されている場合、「DBシステムの詳細」ページに移動するとパッチ履歴を使用できます。

クラウドVMクラスタのパッチ履歴を表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. 「Exadata VMクラスタ」をクリックします。
  4. クラウドVMクラスタのリストで、パッチを適用するクラスタの名前をクリックしてクラスタの詳細を表示します。
  5. 「バージョン」で、「使用可能な更新」フィールドの横にある「パッチの表示」リンクをクリックします。
  6. 「更新履歴」をクリックします。

    「更新履歴」ページには、そのクラウドVMクラスタおよびそのクラウドVMクラスタ上のデータベース・ホームに対するパッチ操作の履歴が表示されます。

DBシステムのパッチ履歴を表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「ベア・メタル、VMおよびExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. DBシステムのリストで、表示する情報を含むExadata DBシステムの名前をクリックして、DBシステムの詳細を表示します。
  4. 「DBシステム・バージョン」で、「使用可能な最新パッチ」フィールドの横にある「表示」をクリックします。
  5. 「パッチ履歴」をクリックします。

    「パッチ履歴」ページに、そのDBシステムおよびそのDBシステム上のデータベース・ホームのパッチ操作の履歴が表示されます。

データベース・ホームのパッチ履歴を表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracle Database」をクリックし、「Oracle CloudのExadata」をクリックします。
  2. 「コンパートメント」を選択します。
  3. データベース・ホームが含まれているクラウドVMクラスタまたはDBシステムに移動します。

    クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデル) 「Oracle CloudのExadata」で、「Exadata VMクラスタ」をクリックします。VMクラスタのリストで、アクセスするVMクラスタを検索し、強調表示された名前をクリックしてクラスタの詳細ページを表示します。

    DBシステム 「ベア・メタル、VMおよびExadata」で、「DBシステム」をクリックします。DBシステムのリストで、アクセスするExadata DBシステムを検索し、その名前をクリックしてその詳細を表示します。

  4. 「リソース」で、「データベース・ホーム」をクリックします。
  5. 表示するデータベース・ホームの名前をクリックして、データベース・ホームの詳細を表示します。
  6. 「データベース・ソフトウェア・バージョン」で、「使用可能な最新パッチ」フィールドの「表示」をクリックします。
  7. 「パッチ履歴」(DBシステム)または「更新履歴」(クラウドVMクラスタ)をクリックします。

    履歴ページに、そのデータベース・ホームおよびそれが属するクラウドVMクラスタまたはDBシステムのパッチ操作の履歴が表示されます。

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

これらのAPI操作を使用して、Exadataリソース(クラウドVMクラスタ、DBシステム、データベース、データベース・ホーム)へのパッチ適用を管理します。

クラウドVMクラスタ(新しいリソース・モデルを使用するシステムの場合):

DBシステム:

データベース:

  • UpdateDatabase - この操作は、データベースを別のデータベース・ホームに移動してデータベースにパッチを適用する場合に使用します

データベース・ホーム:

データベース・サービスのAPIの完全なリストは、データベース・サービスAPIを参照してください。