オブジェクト・ストレージへのデータの配置

オブジェクト・ストレージ・サービスは、信頼性が高く、セキュアでスケーラブルなオブジェクト・ストレージを提供します。オブジェクト・ストレージは、データをオブジェクトとして格納および管理するストレージ・アーキテクチャです。一般的な使用例には、データのバックアップ、ファイルの共有、ログやセンサー生成データなどの非構造化データの格納が含まれます。

オブジェクト・ストレージでは、バケットを使用してファイルを編成します。オブジェクト・ストレージを使用するには、最初にバケットを作成し、次にデータ・ファイルを追加します。

この手順を使用するとすぐに開始できます。サービスの機能の詳細は、オブジェクト・ストレージの概要を参照してください。

バケットの作成

オブジェクトを格納するバケットを作成するには:

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「オブジェクト・ストレージ」で、「バケット」をクリックします。

    表示しているコンパートメント内のバケットのリストが表示されます。

  2. ページの左側にある「コンパートメント」リストからコンパートメントを選択します。

    既存のバケットのリストが表示されます。

  3. 「バケットの作成」をクリックします。
  4. 「バケットの作成」ダイアログ・ボックスで、バケットの属性を指定します:

    • バケット名: 現在の年月日と時間を反映するデフォルト・バケット名がシステムにより生成されます。たとえば、bucket-20190306-1359。このデフォルトを他のバケット名に変更する場合は、文字、数字、ダッシュ、アンダースコアおよびピリオドを使用します。機密情報の入力は避けてください。
    • デフォルト・ストレージ層: データを格納するデフォルトの層を選択します。バケットのデフォルトのストレージ層は、一度設定すると変更できません。オブジェクトをアップロードすると、この層がデフォルトで選択されます。ただし、別の層を選択することもできます。使用可能なデフォルトの層は次のとおりです:

      • 標準は、オブジェクト・ストレージ・サービス・データに使用されるプライマリのデフォルトのストレージ層です。標準層は、アクセス頻度が高く、高速な即時アクセスが求められるデータの格納に使用します。
      • アーカイブは、アーカイブ・ストレージ・サービス・データに使用されるデフォルトのストレージ層です。アーカイブ層は、アクセス頻度が低く、保存期間が長いデータの格納に使用します。アーカイブ層のデータへのアクセスは、即時に処理されません。データにアクセスする前に、アーカイブしたデータをリストアする必要があります。
    • オブジェクト・イベント: オブジェクトの状態の変化に応じてバケットがイベントを出力できるようにするには、「オブジェクト・イベントの出力」を選択します。イベントの詳細は、イベントの概要を参照してください。
    • 暗号化: バケットは、デフォルトでOracleによって管理されるキーで暗号化されますが、オプションで独自のボールト暗号化キーを使用してこのバケットのデータを暗号化できます。暗号化のニーズに合せてボールトを使用するには、「顧客管理キーを使用した暗号化」を選択します。次に、使用するマスター暗号化キーが格納された「ボールト・コンパートメント」および「ボールト」を選択します。また、「マスター暗号化キー・コンパートメント」および「マスター暗号化キー」も選択します。暗号化の詳細は、「ボールトの概要」を参照してください。ボールトの作成方法の詳細は、ボールトの管理を参照してください。
    • タグ: リソースの作成権限がある場合は、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用するかどうかわからない場合は、このオプションをスキップするか(後からでもタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  5. 「バケットの作成」をクリックします。

バケットはすぐに作成され、オブジェクトを追加できます。アーカイブ・バケットに追加されたオブジェクトは、即座にアーカイブされるため、ダウロードする前にリストアする必要があります。

バケットへのファイルのアップロード

オブジェクト・ストレージでは、最大10TiBまでのファイルを個別にアップロードできます。コンソールを使用すると、メモリー容量やブラウザの機能がオブジェクトのアップロードに影響するため、大きなファイルにはCLI、SDKまたはAPIを使用します。「開発者ツールおよびリソース」を参照してください。

コンソールを使用してバケットにファイルをアップロードするには:

  1. オブジェクト・ストレージ「バケット」画面で、詳細を表示するバケット名をクリックします。
  2. 「アップロード」をクリックします。
  3. オプションで、「オブジェクト名の接頭辞」フィールドに、アップロードする予定のファイルのファイル名接頭辞を指定します。
  4. 「ストレージ層」フィールドに「標準」と表示されている場合は、オプションで、オブジェクトのアップロード先のストレージ層を変更できます。
  5. 次のいずれかの方法でアップロードする1つ以上のオブジェクトを選択します:
    • ファイルをコンピュータから「ここにファイルをドロップします」セクションにドラッグします。
    • 「ファイルを選択」リンクをクリックして、ファイル選択ダイアログ・ボックスを表示します。

    アップロードするファイルを選択すると、スクロール・リストに表示されます。選択したファイルをアップロードしない場合は、ファイル名の右側にある「X」アイコンをクリックします。

    選択したアップロード対象ファイルと、バケットにすでに格納されているファイルが同じ名前の場合、上書きを警告するメッセージが表示されます。

  6. 「アップロード」をクリックします。

    選択したオブジェクトがアップロードされます。「閉じる」をクリックして、バケットに戻ります。