Windowsインスタンスへのブロック・ボリュームの追加

ブロック・ボリュームは、Oracle Cloud Infrastructureインスタンスで使用するネットワーク・ストレージを提供します。インスタンスを対象にボリュームを作成、アタッチおよびマウントすると、コンピュータ上の物理ハード・ドライブと同様に使用できます。ボリュームは一度に1つのインスタンスにアタッチできますが、1つのインスタンスからデタッチして別のインスタンスにアタッチしても、データはそのまま保持されます。

このタスクでは、ボリュームを作成してインスタンスにアタッチする方法と、ボリュームをインスタンスに接続する方法を示します。

ブロック・ボリュームの詳細は、「ブロック・ボリューム・サービスの概要」を参照してください。

ボリュームの作成

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「ストレージ」をクリックします。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  2. 「ブロック・ボリュームの作成」をクリックします。
  3. 「ブロック・ボリュームの作成」ダイアログ・ボックスで、次のように入力します:

    • コンパートメントに作成: このフィールドのデフォルトは、現在のコンパートメントです。まだ選択していない場合、ボリュームを作成するコンパートメントを選択します。
    • 名前: わかりやすい名前を入力します。機密情報の入力は避けてください。
    • 可用性ドメイン: インスタンスに選択したものと同じ可用性ドメイン を選択します。インスタンスの起動時にチュートリアルの手順に従った場合、これがリストの最初の可用性ドメインです。ボリュームとインスタンスは、同じ可用性ドメイン内にある必要があります。
    • サイズ: 256を入力して256GBのブロック・ボリュームを作成します。
  4. 「ブロック・ボリュームの作成」をクリックします。

256GBのブロック・ボリュームがプロビジョニング状態でリストに表示されます。ボリュームがプロビジョニング状態でなくなったら、インスタンスにアタッチできます。

インスタンスへのボリュームのアタッチ

次に、iSCSI ネットワーク接続を介してボリュームをインスタンスにアタッチします:

  1. インスタンスの検索: ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。

  2. インスタンス名をクリックして詳細を表示します。

  3. 「リソース」セクションで、「アタッチされたブロック・ボリューム」をクリックします。

  4. 「ブロック・ボリュームのアタッチ」をクリックします。
  5. 次を入力します:

    1. ボリューム: 「ボリュームの選択」オプションを選択します。
    2. コンパートメントを変更する必要がある場合は、「コンパートメントの変更」をクリックし、ブロック・ボリュームを作成したコンパートメントを選択します。
    3. <compartment>のボリューム: リストからブロック・ボリュームを選択します。
    4. アタッチメント・タイプ: 「ISCSI」を選択します。
    5. CHAP資格証明が必要: 選択を解除したままにします。

      ヒント

      CHAP は、セキュリティ・プロトコルです。このボックスは、チュートリアル目的の場合は選択を解除したままにすることができます。本番環境を設定する場合は、CHAP資格証明を要求することをお薦めします。
  6. 「アタッチ」をクリックします。

アタッチメント・プロセスには約1分かかります。ボリュームの準備が完了すると、ボリュームの「アタッチメント状態」がATTACHEDになります。

ボリュームへの接続

ボリュームがアタッチされたら、iSCSI接続を構成できます。接続を構成したら、物理ハード・ドライブと同様に、ボリュームをインスタンスにマウントして使用できます。

ボリュームに接続するには:

  1. インスタンスへの接続の説明に従ってWindowsインスタンスにログオンします。

  2. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  3. インスタンス名をクリックして、インスタンスの詳細を表示します。

  4. 「リソース」セクションで、「アタッチされたブロック・ボリューム」をクリックします。

  5. アタッチしたボリュームの横にある「アクション」メニューをクリックし、「iSCSIコマンドおよび情報」をクリックします。

    「iSCSIコマンドおよび情報」ダイアログ・ボックスが表示されます。ダイアログには、ボリュームに関する特定の識別情報(IPアドレスやポートなど)、および使用可能なiSCSIコマンドが表示されます。

  6. Windowsインスタンスで、iSCSIイニシエータを開きます。

    例: サーバー マネージャーを開き、「ツール」をクリックして「iSCSI イニシエーター」を選択します。

  7. 「iSCSIイニシエーターのプロパティ」ダイアログ・ボックスで、「探索」タブをクリックします。
  8. 「ポータルの探索」をクリックします。
  9. ブロック・ボリュームのIPアドレスとポートを入力します。「OK」をクリックします。
  10. 「ターゲット」タブをクリックします。
  11. 「検出されたターゲット」リージョンで、ボリュームIQNを選択します。
  12. 「接続」をクリックし、「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。
  13. これで、ボリュームを(必要に応じて)フォーマットし、マウントできます。インスタンスにマウント可能なiSCSIデバイスのリストを取得するには、サーバー マネージャーで「ファイル サービスとストレージ・サービス」をクリックし、「ディスク」をクリックします。

    256GBのディスクがリストに表示されます。

次の手順

これで、インスタンスの実行とストレージのアタッチが完了しました。次のステップを検討してください:

  • 独自のソフトウェアをインスタンスにインストールします。
  • Oracle Cloud Infrastructureを使用するための別のユーザーを追加します。ユーザーの追加を参照してください。
  • インスタンスを終了した場合は、チュートリアルで作成したリソースを削除します。「チュートリアルのリソースのクリーンアップ」を参照してください。