テナンシの管理

このトピックでは、コンソールのテナンシ詳細ページのオプションについて説明します。

テナンシ詳細ページの表示

テナンシ詳細ページを表示するには:

「プロファイル」メニュー(ユーザー・メニュー・アイコン)を開き、テナンシ: <your_tenancy_name>をクリックします。

テナンシの詳細

テナンシ詳細ページでは、テナンシに関する次の情報が提供されます。

テナンシOCID
すべてのOracle Cloud Infrastructureリソースには、Oracle Cloud Identifier (OCID)と呼ばれるOracle割当ての一意のIDがあります。APIを使用するにはテナンシのOCIDが必要です。サポートに連絡する際にも必要です。
ホーム・リージョン
Oracle Cloud Infrastructureにサインアップする場合、Oracleによって、使用可能なリージョンの1つにテナンシが作成されます。これがあなたのホーム・リージョンです。ホーム・リージョンは、IAMリソースが定義される場所です。ホーム・リージョンの詳細は、ホーム・リージョンを参照してください。
名前
テナンシ名。テナンシ名は、通常、Oracle Cloudアカウントを設定するときに選択します。
CSI番号
Oracle Support用のカスタマ・サービス識別子。
指定したオブジェクト・ストレージのコンパートメントとネームスペース
オブジェクト・ストレージ・サービスは、Amazon S3互換APISwift APIの両方のAPIサポートを提供します。デフォルトでは、Amazon S3互換APIまたはSwift APIを使用して作成されたバケットは、Oracle Cloud Infrastructureテナンシのルート・コンパートメントに作成されます。Amazon S3互換APIまたはSwift APIに対して異なるコンパートメントを指定して、バケットを作成できます。詳細は、Amazon S3互換APIおよびSwift APIに対するコンパートメントの指定を参照してください。
オブジェクト・ストレージ・ネームスペースの詳細は、オブジェクト・ストレージ・ネームスペースの理解を参照してください。
タグ
タグ付けにより、キーと値を定義し、それらをリソースと関連付けることができます。タグを使用すると、ビジネス・ニーズに基づいてリソースを編成してリストできるようになります。テナンシを管理する権限がある場合は、フリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。
サービス制限
テナンシに割り当てられた制限、およびそれらの制限に対する使用方法。コンソールに表示されるリストにすべてのサービス・リソースが含まれているわけではありません。詳細または追加のリクエストについては、サービス制限を参照してください。

APIの使用

このページで設定するオプションの多くは、所有するサービスによって管理されます。たとえば、オブジェクト・ストレージ設定はオブジェクト・ストレージ・サービスAPIで管理され、監査ログ保持期間の設定は監査サービスAPIによって処理されます。

テナンシに関する情報を取得するには、次の操作を使用します:

テナンシにタグを付けるには、次の操作を使用します。

前述の操作では、compartmentIDパラメータにテナンシのOCIDを使用します。