マーケットプレイスの概要

Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceは、Oracle Cloud Infrastructureの顧客向けのソリューションを提供するオンライン・ストアです。Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceカタログでは、Oracleおよび信頼できるパートナから2つのタイプのソリューションのリスト(イメージおよびスタック)を探すことができます。これらのリスト・タイプには、様々なカテゴリのアプリケーションが含まれます。また、リストによっては無料で、支払が必要なものもあります。

イメージは、インスタンスで実行するオペレーティング・システムおよびソフトウェアを決定する仮想ハード・ドライブのテンプレートです。Oracle Cloud Infrastructure Computeインスタンスにイメージ・リストをデプロイできます。マーケットプレイスではスタック・リストも提供されます。スタックは、グループとして操作できるOracle Cloud Infrastructureリソースのグループの定義を表します。各スタックには、1つ以上の宣言的な構成ファイルからなる構成があります。イメージまたはスタックを使用すると、Publisherのソフトウェアをより効率的かつカスタマイズされた方法で開始できます。

Oracle Cloud Infrastructure Marketplaceは、オンライン・ストアであることに加え、Oracle Cloud Infrastructureコミュニティのメンバーが他のコミュニティ・メンバーとカスタム・イメージを共有する方法を提供します。Oracle Cloud Infrastructure Computeにインポートしたカスタム・イメージを取得し、コミュニティ・アプリケーションとして使用できるようにすることができます。アプリケーションは、インスタンスの作成プロセス中にユーザーが選択できる他のイメージとともに表示されます。

リソース識別子

ほとんどのタイプのOracle Cloud Infrastructureリソースには、Oracle Cloud ID (OCID)と呼ばれるOracleによって割り当てられた一意の識別子があります。OCIDのフォーマットおよびリソースを識別するその他の方法の詳細はリソース識別子を参照してください。

マーケットプレイス・イメージおよびスタックから作成されたリソースにはそれらを識別するOCIDがありますが、リスト自体にはリスト内のすべてのパッケージ・バージョンのリストIDおよびパッケージ・バージョンIDがあります。リストIDは数値です。パッケージのバージョンIDは文字列値です。これらの識別子はマーケットプレイスに固有であり、OCIDとは無関係です。

Oracle Cloud Infrastructureへのアクセス方法

コンソール(ブラウザベースのインタフェース)またはREST APIを使用してOracle Cloud Infrastructureにアクセスできます。コンソールおよびAPIに関する説明は、このガイド全体のトピックに記載されています。使用可能なSDKのリストは、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

コンソールにアクセスするには、サポートされているブラウザを使用する必要があります。このページの上部にある「コンソール」リンクを使用して、サインイン・ページに移動できます。クラウド・テナント、ユーザー名およびパスワードの入力を求められます。

認証と認可

Oracle Cloud Infrastructureの各サービスは、すべてのインタフェース(コンソール、SDKまたはCLI、およびREST API)の認証および認可のためにIAMと統合されています。

組織の管理者は、どのユーザーがどのサービスとリソースにアクセスできるか、およびアクセスのタイプを制御する、グループコンパートメントおよびポリシーを設定する必要があります。たとえば、ポリシーは、新しいユーザーの作成、クラウド・ネットワークの作成と管理、インスタンスの起動、バケットの作成、オブジェクトのダウンロードなどを実行できるユーザーを制御します。詳細は、「ポリシーの開始」を参照してください。異なる各サービスに対するポリシーの記述の詳細は、ポリシー・リファレンスを参照してください。

会社が所有するOracle Cloud Infrastructureリソースを使用する必要がある通常のユーザー(管理者ではない)の場合は、ユーザーIDを設定するよう管理者に連絡してください。管理者は、使用する必要があるコンパートメントを確認できます。

マーケットプレイスに関連するタスクの実行に必要な実際のポリシー・ステートメントについては、タスクに固有のトピックを参照してください。