インスタンスからのエフェメラル・パブリックIPの削除

エフェメラル・パブリックIPを削除すると、プライベートIPから自動的に割当て解除されます。

    1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
    2. インスタンスをクリックして、その詳細を表示します。
    3. 「リソース」で、「アタッチされたVNIC」をクリックして、インスタンスにアタッチされているプライマリVNICおよびセカンダリVNICを表示します。
    4. 目的のVNICをクリックします。
    5. 「リソース」で、「IPアドレス」をクリックして、VNICのプライマリ・プライベートIPおよびセカンダリ・プライベートIPを表示します。
    6. VNICのプライマリ・プライベートIPについて、「アクション」メニュー(アクション・メニュー)「編集」の順にクリックします。
    7. 「Public IP address」セクションの「Public IP type」で、「No public IP」のラジオ・ボタンを選択します。
    8. 更新」をクリックします。
  • エフェメラル・パブリックIPを削除するには、network public-IP deleteコマンドと必要なパラメータを使用します:

    oci network public-ip delete --public-ip-id Public_IP_OCID ... [OPTIONS]

    CLIコマンドのパラメータおよび値の完全なリストは、CLIコマンド・リファレンスを参照してください。

  • DeletePublicIp操作を実行して、パブリックIPを削除します。