SMSサブスクリプションの作成

「通知」でSMSサブスクリプションを作成します。

SMSサブスクリプションは、お知らせモニタリングおよびコネクタ・ハブOracle Cloud Infrastructureサービスによって送信されたメッセージに対してのみ有効です。サポートされていないサービスから送信されたSMSメッセージは削除されます。原因: SMSに使用されているサポートされていないリソースを参照してください。

メッセージの内容と表示は、メッセージ・タイプによって異なります。SMSアラーム・メッセージおよびSMSコネクタ・メッセージを参照してください。

電話番号を入力することで、組織の繰返しSMS通知の受信をオプトインします。いつでもオプトアウトにSTOPと返信します。メッセージ・レートおよびデータのレートが適用される場合があります

開始前

SMSメッセージが別の国の電話番号から送信される場合は、国際SMS機能が必要です。より多くのユーザーがローカルの電話番号からSMSメッセージを受信できるよう、サポートされる国を継続的に増やしていきます。

  • これらのステップでは、サブスクリプションを追加するトピックの詳細ページから「サブスクリプションの作成」パネルを開く方法を示します。このパネルは、「サブスクリプション」ページから開いて、パネルでトピックを指定することもできます: 「サブスクリプションの作成」をクリックし、「サブスクリプション・トピック」を選択します。

    1. ナビゲーション・メニューを開き、「開発者サービス」をクリックします「アプリケーション統合」で、「通知」をクリックします。
    2. 「トピック」ページで、目的のトピックを含むコンパートメントを選択します。
    3. サブスクリプションを追加するトピックの名前をクリックします。
    4. 「トピックの詳細」ページで、「サブスクリプションの作成」をクリックします。
    5. 「サブスクリプションの作成」パネルの「プロトコル」で、「SMS」を選択します。
    6. 電話番号の国を選択します。
      次のステップの表を参照してください。
    7. E.164形式で電話番号を入力します。
      例: +14255550100
    8. 「作成」をクリックします。

    通知は、SMSサブスクリプションを作成し、そのエンドポイントに確認URLを送信します。サブスクリプションは、確認を受信するまで保留中です。

  • SMSサブスクリプションを作成するには、oci ons Subscription createコマンドおよび必須パラメータを使用します:

    oci ons subscription create --protocol "SMS" --subscription-endpoint <SMS_endpoint> [...]

    CLIコマンドのパラメータおよび値の完全なリストは、通知のコマンドライン・リファレンスを参照してください。

  • CreateSubscription操作を実行して、SMSサブスクリプションを作成します。

    次に例を示します:

    POST /20181201/subscriptions
    Host: notification.us-phoenix-1.oraclecloud.com
    <authorization and other headers>
    {
      "topicId": "<topic_OCID>",
      "compartmentId": "<compartment_OCID>",
      "protocol": "SMS",
      "endpoint": "<sms-endpoint>"
    }

使用可能な国とリージョン

通知を使用して、次の国およびリージョンにSMSメッセージを送信できます:

国またはリージョン ISOコード
オーストラリア AU
ブラジル BR
カナダ CA
チリ CL
中国 CN
コスタリカ CR
クロアチア HR
チェコ CZ
フランス FR
ドイツ DE
ハンガリー HU
インド IN
アイルランド IE
イスラエル IL
日本 JP
リトアニア語 LT
メキシコ MX
オランダ NL
ニュージーランド NZ
ノルウェー NO
フィリピン PH
ポーランド PL
ポルトガル PT
ルーマニア RO
サウジアラビア SA
シンガポール SG
南アフリカ ZA
韓国 KR
スペイン ES
スウェーデン SE
Switzerland CH
ウクライナ UA
イギリス AE
イギリス GB
米国 US

次の処理

新しいSMSサブスクリプションをアクティブ化するには、電話で受信された指示に従います。

新しいサブスクリプションは親トピックと同じコンパートメントにある必要がありますが、作成後に別のコンパートメントに移動できます。サブスクリプションの移動を参照してください。