電子メール配信の保護

電子メール配信サービスによって、SMTPエンドポイントが提供されます。これはコンソールで生成されたパスワードで保護されます。電子メール配信を使用した電子メール送信には、SMTPパスワードが必要です。SMTP用に別のIAMユーザーを作成することをお薦めします。このユーザーには、approved-sendersおよびsuppressionsリソース・タイプの管理権限が必要です。SMTP資格証明を安全に格納し、定期的にローテーションすることをお薦めします。電子メール配信のためにSMTP資格証明を生成する方法の詳細は、ユーザーのSMTP資格証明の生成を参照してください。

送信者評価の管理やブロックリストに掲載されないようにする方法など、電子メール配信のベスト・プラクティスについては、電子メール配信到達性を参照してください。