アプリケーションのデプロイ

DevOpsデプロイメント・パイプラインを実行してアプリケーションをデプロイします。

パイプラインを実行する前に、デプロイメント・パイプラインを定義する必要があります。デプロイメント・パイプラインを実行するには、DevOpsプロジェクトのロギングを有効にする必要があります。ロギングを有効にするには、DevOpsログを参照してください。

Oracle Cloud Infrastructure (OCI)の各サービスは、認証および認可のためにIdentity and Access Management (IAM)と統合されます。DevOpsデプロイメント・パイプラインおよびその他のリソースにアクセス権限を付与するには、動的グループおよびIAMポリシーを作成する必要があります。

デプロイメント・パイプラインの動的グループおよびポリシーの作成については、デプロイメント・パイプライン・ポリシーを参照してください。詳細は、DevOps IAMポリシーを参照してください。

Oracle Cloudコンソール、REST APIおよびCLIを使用したDevOpsへのアクセスについては、DevOpsへのアクセスを参照してください。

    1. ナビゲーション・メニューを開き、「開発者サービス」をクリックします。「DevOps」で、「プロジェクト」をクリックします。
    2. DevOps「プロジェクト」ページで、プロジェクトとそのプロジェクトに関連付けられたパイプラインを選択します。
    3. 「パイプラインの実行」をクリックします。
    4. デプロイメントに入力されているデフォルト名を受け入れるか、変更します。
    5. (オプション)「予行演習の有効化」チェック・ボックスを選択して、デプロイ前にHelmチャートの現在のバージョンとアップグレードの差異をプレビューします。
      このオプションを使用すると、デプロイメントを実行する前に、アップグレードしたHelmチャートとデプロイ済チャートの差異を確認できます。これにより、Helmチャートをデプロイする前に変更を加えることができます。予行演習は成功または失敗する可能性がありますが、その結果はログで確認できます。
      ノート

      このチェック・ボックスは、Helmチャート・デプロイメントにのみ適用されます。
    6. パイプラインの定義済パラメータを確認します。パラメータ値は更新できます。詳細は、パラメータの構成を参照してください。
      パイプライン・パラメータは、ステージ・パラメータによってオーバーライドできます。
      ノート

      デプロイメントが発生するのは、Helmチャートが初めてデプロイされた場合、またはアーティファクトおよびその他のHelmステージ・パラメータで更新が検出された場合のみです。更新に関係なくHelmチャートをデプロイするには、ENFORCE_HELM_DEPLOYMENTパラメータをtrueに設定します。
    7. (オプション)パイプライン内の特定のステージのパラメータを定義します。
      パイプライン・パラメータをステージ・パラメータでオーバーライドしたり、新しいステージ・パラメータを追加できます。
    8. 「手動実行の開始」をクリックします。

    デプロイメントの進行状況とステータスが「デプロイメント」タブに表示されます。「実行の停止」をクリックすると、進行中のデプロイメントを完了前に停止できます。デプロイメントを取り消す理由を記載します。パイプラインに対して一度に実行できるデプロイメントは1つのみです。

    KubernetesクラスタへのHelmチャートのインストールまたはKubernetesクラスタでのHelmコマンドの実行ステージのデプロイ中に、ステージを前の状態にロールバックするデプロイメントを取り消すオプションがあります。Helmアーティファクトのデプロイを参照してください。

    デプロイメント・パイプラインに「承認」ステージがある場合、デプロイメントは完了前に手動承認を待機します。承認者は、デプロイメントを承認または却下できます。承認または却下の理由を示す必要があります。完了したデプロイメントを再実行できます。デプロイメントの再実行を参照してください。デプロイメントが完了したら、パイプラインの個々のステージを手動でロールバックできます。詳細は、デプロイメントのロールバックを参照してください。

  • デプロイメント・パイプラインを実行するには、create-pipeline-deploymentコマンドを実行します:

    oci devops deployment create-pipeline-deployment --pipeline-id

    パイプラインを再デプロイするには、create-pipeline-redeploymentコマンドを実行します:

    oci devops deployment create-pipeline-redeployment --deployment-id

    デプロイメントを更新するには、update-pipeline-deploymentコマンドを実行します:

    oci devops deployment update-pipeline-deployment --deployment-id

    デプロイメントを取り消すには、cancelコマンドを実行します:

    oci devops deployment cancel --deployment-id --reason

    デプロイメントを承認するには、approveコマンドを実行します:

    oci devops deployment approve

    approveコマンドに指定する必須パラメータ:

    • --deployment-id
    • --action
    • --stage-id

    deploymentのすべてのコマンドを取得するには:

    oci devops deployment -h
  • デプロイメント・パイプラインを実行するには、CreateDeployment操作を使用します。

    デプロイメントを承認するには、ApproveDeployment操作を使用します。

    デプロイメントを更新するには、UpdateDeployment操作を使用します。

    デプロイメントを取り消すには、CancelDeployment操作を使用します。