DBシステムへの接続

このトピックでは、MySQL DBシステムに接続する方法について説明します。次の方法について説明します。
ノート

VPN接続を使用してDBシステムに接続している場合(VPN接続または要塞セッションを参照)、この章で説明するユーティリティを使用してローカル・ネットワークからDBシステムに直接接続できます。接続元となるコンピュート・インスタンスを構成する必要はありません。

SSHおよびMySQLシェルによるMySQL DBシステムへの接続

このトピックでは、DBシステムと同じVCN上のLinux Computeインスタンスにsshで接続する方法について説明します。MySQLシェルをインストールして使用し、MySQL DBシステムのエンドポイントに接続します。

このタスクでは、次のことが必要です。
  • インターネット接続性を持つ実行中のVCN。
  • VCNにアタッチされた実行中のMySQL DBシステム。DBシステムのMySQLエンドポイントのIPアドレス、および管理ユーザーとパスワードをメモします。IPアドレスを検索するには、「エンドポイント」を参照してください
  • MySQL DBシステムと同じVCN上のパブリック・サブネットにアタッチされている実行中のコンピュート・インスタンス(Oracle Linuxは次の例で使用されています)。コンピューティング・インスタンスのパブリックIPアドレスを書き留めます。SSHポート22は、デフォルトでパブリック・サブネットに追加されます。詳細は、ネットワーク設定を参照してください。MySQLシェルのデフォルト・ポートであるポート33060のイングレス・ルールを追加することを強くお薦めします。そのポートが使用できない場合、MySQLシェルはポート3306に接続します。代替ポートを構成した場合は、接続文字列にポート番号を含める必要があります。
  1. opcユーザーおよびコンピュート・インスタンスのパブリックIPアドレスを使用して、ローカル・マシンからコンピュート・インスタンスにSSHで接続します。
    ssh opc@computeInstancePublicIP
  2. 次のコマンドを使用して、コンピュート・インスタンスにMySQLシェルをインストールします。
    shell> sudo yum install mysql-shell
  3. MySQLシェルを起動し、次のコマンドを使用してMySQL DBシステムのエンドポイントに接続します。
    
    shell> mysqlsh Username@IPAddressOfMySQLDBSystemEndpoint 
    Please provide the password for 'Username@IPAddressOfMySQLDBSystemEndpoint':
    Save password for 'Username@IPAddressOfMySQLDBSystemEndpoint'? 
    [Y]es/[N]o/Ne[v]er (default No): 
    
    このコマンドは、グローバル・セッションを起動します。MySQL Shellはデフォルトでポート33060への接続を試み、そのポートが使用できない場合はポート3306に戻ります。
接続が確立され、次のメッセージが表示されます。
MySQL Shell 8.0.21-commercial

Copyright (c) 2016, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its affiliates.
Other names may be trademarks of their respective owners.

Type '\help' or '\?' for help; '\quit' to exit.
Creating a session to 'Username@IPAddressOfMySQLDBSystemEndpoint'
Fetching schema names for autocompletion... Press ^C to stop.
Your MySQL connection id is 15
Server version: 8.0.21-u2-cloud MySQL Enterprise - Cloud
No default schema selected; type \use <schema> to set one.
MySQL  IPAddressOfMySQLDBSystemEndpoint:PortNumber ssl  JS > 

SSHおよびMySQLクライアントを使用したMySQL DBシステムへの接続

このトピックでは、DBシステムと同じVCN上のLinux Computeインスタンスにsshで接続する方法について説明します。mysqlコマンドライン・クライアントをインストールして使用し、MySQL DBシステムのエンドポイントに接続します。

このタスクでは、次のことが必要です。
  • インターネット接続性を持つ実行中のVCN。
  • VCNにアタッチされた実行中のMySQL DBシステム。DBシステムのMySQLエンドポイントのIPアドレス、および管理ユーザーとパスワードをメモします。IPアドレスを検索するには、「エンドポイント」を参照してください
  • MySQL DBシステムと同じVCN上のパブリック・サブネットにアタッチされた実行中のコンピュート・インスタンス(次の例ではOracle Linuxが使用されます)。コンピュート・インスタンスのパブリックIPアドレスを書き留めます。SSHポート22は、デフォルトでパブリック・サブネットに追加されます。詳細は、ネットワーク設定を参照してください。
  1. opcユーザーおよびコンピュート・インスタンスのパブリックIPアドレスを使用して、ローカル・マシンからコンピュート・インスタンスにSSHで接続します。
    ssh opc@computeInstancePublicIP
  2. 次のコマンドを使用して、コンピュート・インスタンスにMySQLクライアントをインストールします。
    shell> sudo yum install mysql
  3. MySQLクライアントを使用してDBシステムに接続します。
    shell> mysql --host IPAddressOfMySQLDBSystemEndpoint -u Username -p 

コンピュートを介したMySQL Workbenchからの接続

このトピックでは、MySQL Workbenchおよびコンピュート・インスタンスを使用してMySQL Database Serviceに接続する方法について説明します。

このタスクでは、次のことを想定しています。
  • 接続先のLinux Computeインスタンスを作成しました。リモートIPからMySQL DB Systemエンドポイントに直接接続することはできません。コンピュート・インスタンスおよびコンピュート・インスタンスからMySQL DBシステムに接続する必要があります。
  • SSHキー・ペア。
    注意

    MySQL Workbenchでは、PuTTyで生成されたキーはサポートされていません。PuTTyを使用してSSHキー・ペアを生成した場合は、PuTTygenの変換ユーティリティを使用して秘密キーをOpenSSH形式に変換し、MySQL Workbenchで使用する必要があります。
  • Configuring the Networkの説明に従って、ネットワークを構成しました。
MySQL Workbenchの詳細は、『MySQL Workbenchユーザー・ガイド』を参照してください。
ワークベンチを使用してMySQLに接続する手順は、次のとおりです。
  1. TCP/IP over SSH Connectionを参照してください。
  2. 次を入力します。
    • SSHホスト名:コンピュート・インスタンスのパブリックIPアドレス。
    • SSHユーザー名: opc
    • SSHキー・ファイル: SSH秘密キーへのパス。
    • MySQLホスト名: MySQLエンドポイントのIPアドレス。
    • MySQL Serverポート: MySQLエンドポイントがリスニングするポート。
    • ユーザー名/パスワード: DBシステムの作成時に定義した資格証明。
  3. 接続のテスト」をクリックして、接続詳細が有効であることを確認します。