MySQL Databaseサービス・メトリック

このトピックでは、モニタリング・サービスとの統合について説明します。次の項目について説明します。

MySQL Databaseサービス・メトリックの概要

メトリック、アラームおよび通知を使用して、Oracle Cloud Infrastructure MySQL Database Serviceリソースのヘルス、容量およびパフォーマンスをモニターできます。詳細は、モニタリングの概要および通知の概要を参照してください。

「MySQL Databaseサービス」メトリックを使用すると、現在の接続情報、文のアクティビティと待機時間、ホストCPU、メモリーおよびディスクI/O使用率など、MySQLデータベースに関する有用な定量的データを測定できます。メトリック・データを使用して、MySQLデータベースの問題を診断およびトラブルシューティングできます。MySQL Database Serviceで使用可能なメトリックの完全なリストは、「使用可能なメトリック」を参照してください

前提条件

IAMポリシー:リソースをモニターするには、管理者が作成するポリシーで、コンソール、またはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどちらを使用しているかにかかわらず、必要なアクセスのタイプを付与する必要があります。ポリシーでは、モニタリング・サービスおよびモニター対象リソースへのアクセス権が付与されている必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がないか認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセス権のタイプおよび作業するコンパートメントを管理者に確認してください。モニタリングのためのユーザー認可の詳細は、関連するサービス(モニタリングまたは通知)の「認証と認可」セクションを参照してください。

使用可能なメトリック: oci_mysql_database

次の表で説明するメトリックは、作成するすべてのMySQL Database DBシステムで自動的に使用可能になります。これらのメトリックを表示するために、リソースでモニタリングを有効にする必要はありません。

oci_mysql_database

各メトリックには次のディメンションが含まれます:
  • resourceId:リソースのOCID。
  • resourceName:リソースの表示名。
メトリックを必要とする他のディメンションは次のとおりです。
  • resourceType: node type emitting the metric, mysql or heatwave.
  • heatWaveNode: display name of the HeatWave node.

表12 -1 MySQL Databaseサービス・メトリック

メトリック メトリック表示名 単位 説明 ディメンション
CurrentConnections 現在の接続 count MySQL Databaseへの接続の合計数。
  • resourceID
  • resourceName
ActiveConnections アクティブな接続 count MySQL Databaseへのアクティブな接続の数。
  • resourceID
  • resourceName
ステートメント 文の数 count MySQL Databaseに対して実行された文の数。
  • resourceID
  • resourceName
StatementLatency 文レイテンシ ms 実行されたすべての文の文待機時間。
  • resourceID
  • resourceName
CPUUtilization CPU使用率 パーセント MySQL DatabaseホストまたはHeatWaveノードのCPU使用率。
  • resourceID
  • resourceName
  • heatWaveNode
  • resourceType
MemoryUtilization メモリー使用率 パーセント MySQL DatabaseホストまたはHeatWaveノードのメモリー使用率。
  • resourceID
  • resourceName
  • heatWaveNode
  • resourceType
NetworkReceiveBytes ネットワーク受信バイト バイト MySQL DBシステムのネットワーク受信バイト。
  • resourceID
  • resourceName
  • heatWaveNode
  • resourceType
NetworkTransmitBytes ネットワーク送信バイト バイト MySQL DBシステムのネットワーク送信バイト。
  • resourceID
  • resourceName
  • heatWaveNode
  • resourceType
DbVolumeReadOperations ディスク読取り操作 count DBボリュームに対する読取り操作の合計数。
  • resourceID
  • resourceName
  • resourceType
DbVolumeWriteOperations ディスク書込み操作 count DBボリュームに対する書込み操作の合計数。
  • resourceID
  • resourceName
  • resourceType
DbVolumeReadBytes ディスク読取りバイト バイト MySQL DBシステム・ボリュームから読み取られた合計バイト。
  • resourceID
  • resourceName
  • resourceType
DbVolumeWriteBytes ディスク書込みバイト バイト MySQL DBシステム・ボリュームに書き込まれた合計バイト。
  • resourceID
  • resourceName
  • resourceType
DbVolumeUtilization ディスク領域使用率 パーセント DBボリュームの合計領域使用率。
  • resourceID
  • resourceName
HeatWaveHealth HeatWaveヘルス・ステータス status HeatWaveヘルス・ステータス。次のいずれかの値です。
  • 0:正常
  • 1:リカバリ
  • 2:失敗
クラスタの障害およびリカバリの詳細は、HeatWaveクラスタの障害およびリカバリを参照してください。
  • resourceID
  • resourceName
HeatWaveStatements HeatWave文の数 伯爵 MySQL Databaseに対して実行され、HeatWaveで実行された文の数。
  • resourceID
  • resourceName
HeatWaveDataLoadProgress HeatWaveのデータ・ロードの進捗状況 パーセント HeatWaveメモリーへのデータ・ロードの進行状況。
  • resourceID
  • resourceName
BackupSize 合計バックアップ・サイズ バイト DBシステム当たりのすべてのバックアップの集計サイズ。
  • resourceID
  • resourceName
  • dbSystemId
  • compartmentId
BackupTime バックアップ時間 ミリ秒 バックアップ操作にかかる時間。
  • resourceID
  • resourceName
  • dbSystemId
  • compartmentId
ChannelLag インバウンド・チャネル・ラグ ミリ秒 最後の間隔で観測された、ソースに対するチャネル遅延。
  • resourceID
  • resourceName
ChannelFailure インバウンド・チャネル失敗 ミリ秒 最後の間隔で観測されたチャネル障害イベント。
  • resourceID
  • resourceName

単一のDBシステムのメトリックの表示

DBシステムのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには、次のようにします。
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「MySQL」で、「DBシステム」をクリックします。
  2. 表示するDBシステムが含まれているコンパートメントを選択し、DBシステムの表示名をクリックしてその詳細を表示します。
  3. リソース」で、「メトリック」をクリックします。
    メトリック・ページには、現在のDBシステムのグラフのデフォルト・セットが表示されます。
メトリックのモニタリングおよびアラームの使用の詳細は、モニタリングの概要および通知の概要を参照してください。

複数のDBシステムのメトリックの表示

複数のDBシステムのメトリック・グラフを表示するには、次のようにします。
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションとプラットフォーム」で、「モニタリング」に移動し、「サービス・メトリック」をクリックします。
  2. コンパートメント」で、表示するDBシステムを含むコンパートメントを選択します。
  3. メトリック・ネームスペース」で「oci_mysql_database」を選択します。
    サービス・メトリック・ページでは、ページが動的に更新され、選択したメトリック・ネームスペースによって発行された各メトリックのチャートが表示されます。
  4. 必要なメトリックおよびディメンションを指定します。
    詳細は、モニタリングのドキュメントで結果をフィルタ処理するにはおよび別のリソースを選択するにはを参照してください。
メトリックのモニタリングおよびアラームの使用の詳細は、モニタリングの概要および通知の概要を参照してください。