リリース情報

Oracle Linuxイメージは、Oracle Cloud Infrastructureが重要なセキュリティおよびバグ修正に対応する最新のセキュリティ更新情報リリース・パッケージを使用できるように、定期的にリリースされます。各イメージのリリース・ノートには、適用されたパッチに対する変更が示されています。同じ更新レベルのOracle Linuxリリースのリリース・ノートとともに使用してください。

ソフトウェア・エラッタ

Oracleでは、Oracle Linuxソフトウェアの重要な変更を、エラッタと呼ばれる個々のパッケージ更新としてリリースします。これらのパッケージ更新は、ULN上でダウンロードできるようになってから、_patchチャネルを介して配布されます。

エラッタ・パッケージには、次のものが含まれます。

  • セキュリティ・アドバイザリ。名前の先頭にELSA-*が付きます。

  • バグ修正アドバイザ:名前に接頭辞ELBA-*が付いています。

  • 機能強化アドバイザ:名前に接頭辞ELEA-*が付いています。

セキュリティおよびOracle Linuxに関連する様々な機能、ツールおよびドキュメントの統合リストについては、Oracle Linuxのセキュリティを参照してください。

新しいerrataパッケージがリリースされたときに通知を受けるには、Oracle Linux errataメーリング リスト(https://oss.oracle.com/mailman/listinfo/el-errata)を購読します。

一般通知

これらの通知は、標準リリース・サイクルに含まれないオペレーティング・システムの更新、または特にOracle Cloud Infrastructure上のイメージに適用される更新を対象としています。

2022年5月

スタンドアロンAutonomous LinuxインスタンスをOS管理サービスに移行するために使用できる新しいスクリプト

alx-migrateパッケージ(alx-migrate.noarch 0:1.0-18.el7)がOracle Autonomous Linuxで使用できるようになりました。このパッケージには、スタンドアロンAutonomous LinuxインスタンスをOS管理サービスに移行するために使用されるalx-migrateスクリプトが含まれています。詳細は、スタンドアロンAutonomous LinuxインスタンスのOS管理サービスへの移行を参照してください。

2022年2月

OCIユーティリティ・バージョン0.12.7.1での更新

OCIユーティリティ(oci-utils)パッケージ・バージョン0.12.7.1には、次の更新が含まれています:

  • ext4ファイルシステムをサポートするようにoci-growfsを拡張します。
  • バグの修正が含まれます。

2021年12月

オンプレミスのOracle LinuxイメージをOracle Cloud Infrastructureに移行するために使用できる新しいユーティリティ

oci-image-migrateユーティリティを使用して、オンプレミスのOracle LinuxイメージをOracle Cloud Infrastructureに移行できるようになりました。これらのユーティリティを使用して、仮想マシンと物理ホストの両方をOracle Cloud Infrastructureに移行できます。

ノート

oci-image-migrateユーティリティは、インストール済のOCIユーティリティの一部ではありませんが、addonsリポジトリのoci-utils-migrateパッケージを使用してインストールできます。

詳細は、Oracle Cloud Infrastructureへの移行を参照してください。

OS Managementは、デフォルトで Oracle Linux 6 ELSソフトウェアソースを新しく作成された Oracle Linux 6インスタンスに追加

OS Managementは、Oracle Linuxの拡張サポートに含まれる Oracle Linux 6インスタンスの Oracle Linux 6 ELS (x86_64)ソフトウェアソースを提供します。2021年12月から、OS管理は、新しく作成された Oracle Linux 6インスタンスにデフォルトで Oracle Linux 6 ELSソフトウェアソースを追加します。

2021年12月より前に作成された既存の Oracle Linux 6インスタンスの場合、Oracle Linux 6 ELSソフトウェアソースをインスタンスに手動で追加する必要があります。ソフトウェア・ソースの追加の詳細は、OS管理ドキュメントのソフトウェア・ソースの追加を参照してください。

2021年10月

10月Oracle Linux 8プラットフォーム・イメージでデフォルトで有効になっているOS管理サービス・エージェント・プラグイン

2021年10月にリリースされたOracle Linux 8プラットフォーム・イメージ以降、Oracle Linux 8インスタンスのOracle Cloud Agent 1.16.0でOS管理サービス・エージェント・プラグインがデフォルトで有効になっています。

2021年10月(Oracle Cloud Agent 1.15.0以前を実行)より前に起動されたOracle Linux 8インスタンスの場合、OS管理サービス・エージェント・プラグインはデフォルトで無効になっています。無効化されたOracle Linux 8インスタンスのOS管理サービス・エージェント・プラグインは、Oracle Cloud Agent 1.16.0への更新後も無効のままです。

詳細は、OS管理の開始を参照してください。

2021年9月

9月のOracle Linux 7 (aarch64)プラットフォーム・イメージではOS管理サービス・エージェント・プラグインがデフォルトで有効になりました

OS管理サービスは、Oracle Cloud Agent 1.15.0以降でArmベースのシェイプをサポートします。また、OS管理サービス・エージェント・プラグインは、9月のOracle Linux 7 (aarch64)プラットフォーム・イメージではデフォルトで有効になっています。

サポートされるイメージの詳細は、OS管理のドキュメントのサポートされているイメージを参照してください。Oracle Cloud Agentリリースの詳細は、Oracle Cloud Agentのバージョンを参照してください。

Oracle Linux 6 Extended SupportでOS管理ソフトウェア・ソースが利用可能になりました

OS Managementは、Oracle Linuxの拡張サポートに含まれる Oracle Linux 6インスタンスの Oracle Linux 6 ELS (x86_64)ソフトウェアソースを提供します。拡張ライフサイクル期間中に既存の Oracle Linux 6インスタンスが更新を受信するようにするには、Oracle Linux 6 ELSソフトウェアソースをインスタンスに手動で追加する必要があります。ソフトウェア・ソースの追加の詳細は、OS管理ドキュメントのソフトウェア・ソースの追加を参照してください。

OCIユーティリティ・バージョン12.6.1での更新

ocidサービスがデフォルトで有効になったバージョン0.12.6でのサービスの動作変更は、バージョン0.12.6.1で元に戻されました。つまり、ocidサービスはデフォルトで無効になっています。ocidサービスは、次のコマンドを使用して開始できます。

sudo systemctl enable --now ocid.service

詳細は、OCIユーティリティのドキュメントを参照してください。

重要

バージョン0.12.6をインストールして問題が発生した場合は、次のステップを実行して0.12.6から0.12.6.1にアップグレードし、デフォルトの動作をリストアします。

バージョン0.12.6から0.12.6.1にアップグレードするには:

  1. ocidデーモン・サービスを停止します。
    sudo systemctl stop ocid.service
  2. ocidデーモン・サービスを無効にします。
    sudo systemctl disable ocid.service
  3. バージョン0.12.6-1をインストールします。
    sudo yum update oci-utils
  4. インスタンスをリブートします。
    sudo reboot
OCIユーティリティ・バージョン12.6での更新

OCIユーティリティ(oci-utils)パッケージ・バージョン0.12.6.1には、次の更新が含まれています:

  • oci-iscsi-config attachおよびoci-iscsi-config createユーティリティ・コマンドに、新しいchapオプションが含まれます。
  • oci-notifyユーティリティのオプションが更新されました。これらの更新は、その他の更新に対して後方互換性があります。
  • OCIユーティリティでは、python36-oci-cliパッケージのインストールが不要になりました。
  • ocidサービスは、デフォルトで有効になっています。

2021年8月

Oracle Autonomous Linuxプラットフォーム・イメージとOS管理の統合

2021年8月31日以降、Oracle Autonomous LinuxはOracle Cloud InfrastructureのOS管理と統合されます。Oracle Autonomous Linuxインスタンスを作成する前に、サポートされているイメージおよび必要なIAMポリシーの詳細は、スタート・ガイドのドキュメントを参照してください。2021年8月31日より前に開始された既存のインスタンスは、移行プランが使用可能になるまでスタンドアロン・インスタンスのままです。詳細は、Oracle Autonomous Linuxを参照してください。

2021年6月

Oracle Cloud Infrastructureユーティリティがリファクタリングされました

新しいバージョンのoci-utilsパッケージは操作性が向上しています。0.12.5リリース以降、oci-iscsi-configおよびoci-network-configユーティリティが操作性の向上のためにリファクタリングされました。

最新バージョンのoci-utilsに更新するには:

sudo yum update oci-utils
ノート

oci-iscsi-configおよびoci-network-configユーティリティに対する変更には、これらのユーティリティの前バージョンとの後方互換性があります。

詳細は、OCIユーティリティのドキュメントを参照してください。さらに、次のトレーニング・ビデオにもこれらのユーティリティに関する情報が含まれています:

2021年4月

Oracle Linux 6インスタンスのOracle Linux Extended Support

2021年4月以降、Oracle Linux 6はOracle Linux Premier SupportからOracle Linux Extended Supportに移行します。Oracle Cloudのお客様は、Oracle Cloud InfrastructureでOracle Linux 6インスタンスを実行する際に、Oracle Linux Premier Supportの一環としてOracle Linux Extended Supportを利用できます。詳細は、Oracle Linux Extended Supportを参照してください。

拡張ライフサイクル期間中、Oracle Linux 6イメージは四半期ごとに公開されます。

次のステップに従って、Oracle Linux 6インスタンスが拡張ライフサイクル期間中に更新を受け取るようにします。

重要

これらのステップは、OS管理が無効になっているOracle Linux 6インスタンスにのみ適用されます。OS管理での Oracle Linux 6 ELSソフトウェア・ソースの詳細は、Oracle Linux 6 Extended SupportでOS管理ソフトウェア・ソースが利用可能になりましたを参照してください。
  1. oraclelinux-els-release-el6パッケージをインストールして、Oracle Linux 6インスタンスにELSリポジトリを追加します:

    sudo yum install oraclelinux-els-release-el6
  2. ELSリポジトリが有効になっていることを確認します:

    yum repolist

    例:

    $ yum repolist
    Loaded plugins: security, ulninfo
    repo id                                               repo name                                                                                           status
    ol6_ELS                                               Oracle Linux 6Server ELS (x86_64)                                                                   21
    ol6_UEKR4                                             Latest Unbreakable Enterprise Kernel Release 4 for Oracle Linux 6Server (x86_64)                    191
    ol6_UEKR4_ELS                                         Unbreakable Enterprise Kernel Release 4 for Oracle Linux 6Server ELS (x86_64)                       14
    ol6_addons                                            Oracle Linux 6Server Add ons (x86_64)                                                               445
    ol6_developer                                         Oracle Linux 6Server Packages for Development and test (x86_64)                                     99
    ol6_ksplice                                           Ksplice for Oracle Linux 6Server (x86_64)                                                           13132
    ol6_ksplice_ELS                                       Ksplice for Oracle Linux 6Server ELS (x86_64)                                                       184
    ol6_latest                                            Oracle Linux 6Server Latest (x86_64)                                                                12932
    ol6_oci_included                                      Oracle Software for OCI users on Oracle Linux 6Server (x86_64)                                      62
    ol6_software_collections                              Software Collection Library release 3.0 packages for Oracle Linux 6 (x86_64)                        11207
    repolist: 38287
  3. yumリポジトリを更新して、最新のELSパッケージ更新をインストールします:

    sudo yum install

ノート

ol6_x86_64_userspace_ksplice_ELSリポジトリは、オプションでKspliceユーザー・スペース更新を取得するために使用できます。

オプションのol6_x86_64_userspace_ksplice_ELSリポジトリを有効にするには、oraclelinux-els-ol6.repoファイルを編集し、enabled=値を0から1に変更します。

例:

[ol6_x86_64_userspace_ksplice_ELS]
name=Ksplice aware userspace packages for Oracle Linux $releasever ELS ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/userspace/ksplice/ELS/x86_64/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=1
IPv6がOracle Linux 7イメージでデフォルトで有効になりました

2021年4月にリリースされたOracle Linux 7プラットフォーム・イメージ以降、IPv6がデフォルトで有効になっています。この変更は、Oracle Cloud NetworkingでのIPv6の一般提供(GA)開始をサポートするために実装されました。IPv6アドレス指定が、すべての商用分野および行政分野でサポートされるようになりました。かつて、IPv6アドレス指定は、行政分野でのみサポートされていました。

ノート

IPv6は、Oracle Linux 8ではOracle Linux 8プラットフォーム・イメージの2020年7月の最初のリリース以降、デフォルトで有効になっています。

Oracle Cloud NetworkingでのIPv6サポートの詳細は、次の技術リソースを参照してください:

Oracle Linux 8 ol8_oci yumリポジトリがアーカイブされました

ol8_ociリポジトリはアーカイブされました。このリポジトリに新しいパッケージはリリースされません。このリポジトリのすべてのパッケージは、ol8_oci_includedリポジトリに移行されています。

ノート

新規または既存のOracle Linux 8インスタンスに対するアクションは必要ありません。ol8_oci_includedリポジトリはデフォルトで有効になっています。

2021年3月

Oracle Linux 7およびOracle Linux 8インスタンスのyum更新

yum構成が、yum用のOracle Cloud Infrastructureミラー・エンドポイントで変更されています。

ノート

2021年3月以降にOracle Cloud Infrastructureで開始されたOracle Linux 7およびOracle Linux 8の新規インスタンスではアクションは必要ありません。変更が自動的に適用されます。既存のyum構成は古いインスタンスで引き続き動作しますが、インスタンスを新しいyum構成に更新することをお薦めします。

次のステップに従って、Oracle Linux 7およびOracle Linux 8インスタンスが更新された構成を使用するように構成します。

  1. イメージが実行されているOracle Cloud Infrastructureレルムを判別します:

    curl -H "Authorization:Bearer Oracle" -sfm 25 \
     http://169.254.169.254/opc/v2/instance/ 2>/dev/null | jq -r '.regionInfo.realmKey'

    出力に表示されるレルム・キーを確認します。出力に表示されるレルム・キーがOC1からOC4までの場合は、次のステップに進みます。

    例:

    $ curl -H "Authorization:Bearer Oracle" -sfm 25 \
    http://169.254.169.254/opc/v2/instance/ 2>/dev/null | jq -r '.regionInfo.realmKey'
    oc1
  2. oci-linux-configパッケージをインストールします:

    sudo yum -y install oci-linux-config

    このパッケージのインストール中に、次のメッセージが表示されます:

    IMPORTANT: PLEASE NOTE!! Oracle Linux yum repository configurations have been
              updated. New repository configuration files have been installed but are       
              disabled. To complete the transition, run this script as root
              user:/usr/lib/oci-linux-config/oci_yum_configure.sh
  3. スクリプトを起動して、新しいミラー・エンドポイントへの移行を完了します:

    /usr/lib/oci-linux-config/oci_yum_configure.sh
  4. yum構成が更新されたことを確認します:

    ls /etc/yum.repos.d

    スクリプトの実行後、拡張子が.bkpおよびrpmnew.bkpのリポジトリが表示されます。

    Oracle Linux 7:

    $ ls /etc/yum.repos.d
    ksplice-ol7.repo          oracle-epel-ol7.repo.rpmnew.bkp     oraclelinux-developer-ol7.repo.bkp
    ksplice-uptrack.repo      oracle-linux-ol7.repo               oraclelinux-developer-ol7.repo.rpmnew.bkp
    mysql-ol7.repo            oracle-linux-ol7.repo.bkp           uek-ol7.repo
    oci-included-ol7.repo     oracle-linux-ol7.repo.rpmnew.bkp    virt-ol7.repo
    oracle-epel-ol7.repo      oracle-softwarecollection-ol7.repo

    Oracle Linux 8

    $ ls /etc/yum.repos.d
    ksplice-ol8.repo       oracle-epel-ol8.repo                oraclelinux-developer-ol8.repo.rpmnew.bkp
    ksplice-uptrack.repo   oracle-epel-ol8.repo.bkp            oracle-linux-ol8.repo
    mysql-ol8.repo         oracle-epel-ol8.repo.rpmnew.bkp     oracle-linux-ol8.repo.bkp
    oci-included-ol8.repo  oraclelinux-developer-ol8.repo      oracle-linux-ol8.repo.rpmnew.bkp
    oci-ol8.repo           oraclelinux-developer-ol8.repo.bkp  uek-ol8.repo