プライマリ・コンテンツに移動
Java Platform, Standard Edition Advanced Management Consoleインストレーションおよび構成ガイド
2.18
E67350-16
目次へ移動
目次

前
次

C トラブルシューティングのテクニック

このトピックには、Advanced Management Console に関するいくつかの既知の問題、およびそれらをトラブルシューティングする方法が含まれています。

この節の内容は以下のとおりです。

エージェント

Advanced Management Console エージェントが効率的に動作するようにするためのヒントとテクニック

  1. Advanced Management Console エージェントが実行されていることを確認します。

    1. Windowsの「コントロール パネル」から「サービス」を開き、AMC Agentを見つけ、それが実行されているかどうかを確認します。実行されていない場合は、「AMCエージェント」を右クリックし、「開始」を選択します。

  2. Advanced Management Console エージェントが通信していることを確認します。確認するには、次のことを実行します。

    1. C:\ProgramData\Oracle\Java_AMC\agent.log.0を開きます。 

    2. このログ・ファイルを調べて、エージェントにサーバーとの通信エラーがないことを確認します。次に例を示します。
      2016-06-14 14:54:19 Communication: sending com.oracle.amc.agent.client.GetCommandMessage@1c00735
      2016-06-14 14:54:19 Communication: exception: java.net.UnknownHostException: <amc-server-host> 
      16-06-14 14:54:19 com.oracle.amc.agent.task.GetCommandTask: got communication error; rescheduling try #1
    3. このログ・ファイルを調べて、エージェントがJava Runtime Environment (JRE)インストールをサーバーにポストしており、そのサーバーがエージェントに更新を配信していることを確認します(たとえば、(DRS))。エージェントを起動してサーバーと通信するには、Windowsの「コントロール パネル」の「サービス」ダイアログ・ボックスで「AMCエージェント」を右クリックし、「再起動」を選択します。

      ノート:

      Advanced Management Console 2.7以降、更新されたネイティブ・ランチャでは、エージェントの再起動の回数および各再試行間の遅延が変更されました。たとえば、再試行を3回行う場合、4回目はリセットされ、1時間待機してから、再び3回再試行します。3回の再試行の間隔は30秒です。ただし、古いリリース・バージョンのAdvanced Management Console から更新されたエージェントでは、この動作は反映されません。
  3. エージェントをホストするデスクトップがAdvanced Management Console 「デスクトップ」タブに表示されることを確認します。

  4. Advanced Management Console サーバーがデプロイメント・ルール・セット(DRS)をプッシュしたことを確認します。次のことを実行して、Advanced Management Console DeploymentRuleSet.jarを更新します。

    1. Advanced Management Console 「ステータス」タブで、デスクトップへのDRSプッシュ・コマンドのステータスを確認します。

    2. C:\ProgramData\Oracle\Java_AMC\agent.log.0内のエージェント・ログで、DRSアップロードに関連するメッセージを確認します。

    3. Javaコントロール・パネルから、セキュリティタブを開き、アクティブなデプロイメント・ルール・セットの表示をクリックして、ルールの最新バージョンが表示されていることを確認します。

    4. ルールが更新されていない場合は、C:\Windows\Sun\Java\Deploymentを調べてDeploymentRuleSet.tmpファイルを見つけます。この場所にDeploymentRuleSet.tmpがある場合は、すべてのアプレットおよびJava Web Startアプリケーションが終了していることを確認します。Windowsの「コントロール パネル」の「サービス」ダイアログ・ボックスから、AMCエージェント・サービスを再起動します。

      エージェントを再起動したら、DeploymentRuleSet.tmpファイルがすでに使用不可になっていることと、DeploymentRuleSet.jarが最新バージョンに更新されていることを確認します。
  5. DRS処理を確認します。

    1. <USER_DIR>\AppData\LocalLow\Sun\Deployment\deployment.propertiesで、次のようにデプロイメント・ロギング・プロパティを設定します。

      deployment.trace=true
      deployment.trace.level=ALL
    2. <USER_DIR>\AppData\LocalLow\Sun\Deployment\log内のログ・ファイルを確認します。(plugin*およびjavaws*トレース・ファイルを両方とも確認)。通常は、2つの対をなすトレース・ファイルがアプリケーションのために生成されています。1つはメイン・プラグインのJavaバージョンのログ・メッセージであり、もう1つはデプロイメント・ルールから定義されたJavaバージョンのトレース・ファイルです。

    3. ログ・ファイル内でrulesetという単語を見つけて、ルールセット処理をデバッグし、すべてのルールセット・ログを見つけます。

      1. デプロイメント・ルールをプラグインで読取り可能なことを確認します。証明書エラーがある場合は、deployment.propertiesファイルがC:\Windows\Sun\Java\Deploymentにあることを確認します。また、deployment.propertiesdeployment.user.security.trusted.cacerts=C:\\Windows\\Sun\\Java\Deployment\\drscacertsというプロパティが含まれていることを確認します。Advanced Management Console エージェントで自動的にこのファイルが更新される必要があります。

      2. 1つのトレース・ファイルしか生成されず、他のファイルが足りない場合は、インストールされているJavaバージョンと比べてブラウザのビットに問題があります。たとえば、ブラウザが32ビットであるのに対して、64ビットのJavaのみがインストールされています。ログ・ファイル内でExceptionという単語を探します。

  6. Internet Explorer (IE)およびJavaのビットを確認します: Windowsでは、IE 11 32ビットおよび64ビットは同じアプリケーションです。32ビットと64ビットとを切り替えるには、「インターネット オプション」ダイアログ・ボックスの「詳細設定」タブで、64ビットについての「拡張保護モードを有効にする*」を選択し、32ビットについてはそのチェック・ボックスが選択されていないことを確認します。

    IE 11の「インターネット オプション」でそれを設定するには、次のようにします。

    1. 「コントロール パネル」に移動し、「アクション センター」を開きます。「ユーザー アカウント制御設定の変更」をクリックし、スライダが「通知しない」に設定されていないことを確認します。ユーザー・アカウント制御が「通知しない」に設定されている場合は、拡張保護モードを有効にできません。

    2. 「インターネット オプション」の「セキュリティ」タブで、「保護モードを有効にする」チェック・ボックスが選択されていることを確認します。

    3. 「インターネット オプション」の「詳細設定」タブで、「拡張保護モードを有効にする*」が有効になっていることを確認します。

  7. エージェントを再インストールします。Advanced Management Console エージェントを再インストールする場合は、その\confフォルダをそのままにするか、AMCAgent -removeを実行します。これにより、同じIPアドレスからのエージェント登録制限に該当しないようにすることもできます。

サーバー

Advanced Management Console サーバーが効率的に動作するようにするためのヒントとテクニック

  1. Advanced Management Consoleの初期化時には、404HTTP_NOT_FOUNDなどのエラー・メッセージが表示される場合があります。
    • /amcwebuiをブラウザにロードしようとすると、「接続が拒否されました」「サーバーに接続できません」などのエラー・メッセージが表示される場合は、Advanced Management Consoleのデプロイ先のWebLogic Serverが起動されていないか、到達不能です。

    • ページまたはサーバーがホストで信頼されていないという警告メッセージが表示される場合は、不明なSSL証明書がWebLogic Serverで使用されています。

    • HTTP Page Not Found (404)エラーが表示される場合は、次のいずれかが問題である可能性があります。

      • WebLogic Serverは起動されていますが、Advanced Management Console がインストールされていません。

      • WebLogic Serverが起動され、Advanced Management Consoleがインストール(デプロイ)されていますが、Advanced Management Consoleが正しい管理対象サーバーを対象としていません。

    • Advanced Management Console サーバーがすでに初期化されているのに、/amcwebuiをロードすると引き続き初期化ウィザードが表示される場合は、データベース接続が破損している可能性があります。Advanced Management Consoleサーバーからデータベースに接続できること、およびデータ・ソースが正しく構成されていることを確認(ユーザー資格証明が有効であるかどうかを確認)してから、Advanced Management ConsoleまたはAdvanced Management Consoleのデプロイ先の管理対象サーバーを再起動します。

    • WebLogic Serverが起動され、Advanced Management Console がインストールされているが、データ・ソースやJAX-RS 2.0ライブラリなどの依存関係が管理対象サーバーにデプロイされていない場合は、/amcwebuiのロードに失敗し、HTTP Page Not Found (404)エラーが表示されます。

    • サポート対象外のバージョンのOracle WebLogic ServerにAdvanced Management Consoleをデプロイする場合は、/amcwebuiのロード時にページが初期化ページにリダイレクトされ、Advanced Management Consoleの初期化を手動で続行するとデータソースが見つかりませんというエラー・メッセージが表示されます。

  2. エージェント・デスクトップがAdvanced Management Consoleに登録されていること、また、Java Usage TrackerのレコードがAdvanced Management Consoleに登録されていることを確認します。登録されていない場合は、<WebLogicHome>\user_projects\domains\base_domain\servers\AMCServer\logs\AMCServer.logにあるWebLogic Serverログを確認します。

  3. メモリー不足(OOM)例外がある場合は、Javaヒープ領域を増加させる必要があります。デフォルトでは、WebLogic Serverは512 Mを使用します。これを4 GB以上に設定します。setDomainEnv.cmdを呼び出す前に、USER_MEM_ARGS=-Xmx4gを設定します。

  4. システム・プロキシが定義されていない場合は、証明書の問題が発生する可能性があります。プロキシ・サーバーを定義するには、次のようにします。

    1. インターネットへの接続にプロキシ・サーバーが必要な場合は、http.proxyHosthttp.proxyPorthttp.nonProxyHostshttps.proxyHosthttps.proxyPortというプロパティを設定します。「Javaヒープ・サイズおよびプロキシ・サーバーの設定」を参照してください。

  5. サーバーへのネットワーク接続が非常に低速であり、Oracle WebLogic ServerでいくつかのAdvanced Management Console スレッドがスタック状態としてマークされる可能性がある場合があります。たとえば、Advanced Management Console UIからエージェント・バンドルをダウンロードする場合に、10分以上かかる可能性があります。エージェントでインストールのためにJREがダウンロードされる場合も、長い時間がかかる可能性があります。

    • この問題の回避策として、多数のスレッドがスタック状態としてマークされている場合は、600秒(デフォルト)より長いタイムアウトを使用するよう、WebLogic Serverを構成する必要があります。タイムアウトを構成するには、WebLogic管理コンソールで、「サーバー」に移動し、「構成」を展開してから、「オーバーロード」を選択し、「スタック・スレッド最大時間」をより大きい値に更新します。

重要なディレクトリ位置(Windows環境内)

次に、重要なディレクトリ位置のリストを示します。

  • C:\Windows\Sun\Java\Deployment\: 自己署名証明書を使用する場合は、次のファイルがC:\Windows\Sun\Java\Deployment\にあることを確認します。

    • deployment.properties:

      このファイルの内容は次のとおりです。
      #Updated by AMC   #Fri Aug 19 08:15:55 EDT 2016   
      deployment.user.security.trusted.cacerts=C\:\\windows\\Sun\\Java\\Deployment\\drscacerts
      
    • drscacerts: 自己署名証明書を含むdeployment.propertiesファイル内を指すキーストア。

    • 認証局からの署名用証明書がある場合は、C:\Windows\Sun\Java\Deployment\DeploymentRuleSet.jarなどのWindowsディレクトリにDeploymentRuleSet.jarファイルがあれば十分です。
  • C:\Users\user\AppData\LocalLow\Sun\Java\Deployment\: クライアント・ログ・ファイルおよびdeployment.propertiesファイルがこのディレクトリにあります。次のプロパティをdeployment.propertiesファイルに追加することで、追加情報を取得できます。
    deployment.trace=true
    deployment.trace.level=all
  • $JRE_HOME%\lib\management\usagetracker.properties: Java使用状況トラッカをトラブルシューティングするには、usagetracker.propertiesファイルに次の内容を追加します。
    com.oracle.usagetracker.logToFile = ${user.home}/.java_usagetracker
    com.oracle.usagetracker.verbose = true
    それでも問題が発生する場合は、それらのプロパティをC:\Program Files\Java\confに追加します。
  • %ProgramData%\Oracle\Java_AMC\: Advanced Management ConsoleサーバーとのAdvanced Management Consoleログのやり取りがここにあります。このログ・ファイルの内容は、次のとおりです。
    %AMC_HOME%\Middleware\Oracle_Home\user_projects\domains\base_domain\servers\AdminServer\logs\{base_domain.log and AdminServer.log}
    %AMC_HOME%\Middleware\Oracle_Home\user_projects\domains\base_domain\servers\AMC-Server\logs\AMC-Server.log

重要なディレクトリ位置(macOS環境内)

次に、重要なディレクトリ位置のリストを示します。

  • /Library/Application Support/Oracle/Java: Java使用状況トラッカの構成ファイル(usagetracker.properties)など、デスクトップ・レベルのJava設定がここに格納されます。デプロイメント・ルール・セットは、Deployment/<sub-folder>にあります。

  • /Library/Application Support/Oracle/Java_AMC: これは、Advanced Management Console エージェント・フォルダです。他のフォルダとは別に、ログ・ファイルも含まれます。

  • ~/Library/Application Support/Oracle/Java/Deployment: これはユーザー固有デプロイメントのホーム・ディレクトリです。Javaコントロール・パネルからの設定は、このフォルダ内にユーザーごとに格納されます。

  • /Library/Internet Plug-Ins/JavaAppletPlugin.plugin: このフォルダには、ブラウザでJavaアプレットを実行するために使用される、システム全体のJREが含まれています。多くの場合、macOS環境では1つのJREしかインストールされていないことがあります。