ヘッダーをスキップ
Java Platform, Standard Edition Java Flight Recorderランタイム・ガイド
リリース5.4
E59385-03
  目次へ移動
目次

前
 
 

A コマンド・リファレンス


注意:

Java Flight Recorderを本番で使用するには、商用ライセンスが必要です。商用機能の詳細とそれらを有効化する方法については、http://www.oracle.com/technetwork/java/javaseproducts/にアクセスしてください。

この付録は、Java Flight Recorderで使用可能なコマンドの基本リファレンスとして利用できます。次のセクションがあります。

A.1 コマンド行オプション

javaコマンドでJavaアプリケーションを起動する際には、Java Flight Recorderを有効にしたり、その設定を構成したり、記録を開始したりするためのオプションを指定できます。次のコマンド行オプションは、Java Flight Recorderに固有です。

  • -XX:+|-FlightRecorder

  • -XX:FlightRecorderOptions

  • -XX:StartFlightRecording

これらのコマンド行オプションは、商用ライセンスのJDKでのみ使用できます。これらを使用するには、-XX:+UnlockCommercialFeaturesオプションも指定する必要があります。


注意:

-XXオプションは、システムを完全に理解している場合にのみ使用すべきです。これらのコマンドを不適切に使用すると、システムの安定性やパフォーマンスに影響が及ぶ可能性があります。-XXオプションは試験的なものであり、随時変更される可能性があります。

A.2診断コマンド・リファレンス

ここでは、Java Flight Recorderの制御に使用可能な診断コマンドと、各コマンドで使用可能なパラメータについて説明します。この情報は、プロセス識別子の後にhelpパラメータとコマンド名を指定して、jcmdを実行することで、入手することもできます。たとえば、識別子が5361の実行中のJVMプロセスで、JFR.startコマンドに関するヘルプ情報を取得するには、次のように実行します。

jcmd 5361 help JFR.start

JVMで使用可能な診断コマンドの完全なリストを取得する場合は、コマンド名を指定しないでください。

Java Flight Recorderに関連する診断コマンドです。

A.2.1 JFR.start

JFR.start診断コマンドは、フライト記録を開始します。表A-1に、このコマンドで使用可能なパラメータの一覧を示します。

表A-1 JFR.start

パラメータ 説明 値の型 デフォルト

name

記録の名前

String


settings

サーバー側テンプレート

String


defaultrecording

デフォルト記録を開始します

Boolean

False

delay

記録の開始を遅らせます

Time

0s

duration

記録の期間

Time

0s (「永遠」を意味する)

filename

結果の記録ファイル名

String


compress

GZipが結果の記録ファイルを圧縮します

Boolean

False

maxage

バッファ・データの最大有効期間

Time

0s (「有効期間の制限なし」を意味する)

maxsize

バッファの最大サイズ(バイト数)

Long

0 (「最大サイズなし」を意味する)


A.2.2 JFR.check

JFR.checkコマンドは、実行中の記録に関する情報を表示します。表A-2に、このコマンドで使用可能なパラメータの一覧を示します。

表A-2 JFR.check

パラメータ 説明 値の型 デフォルト

name

記録の名前

String


recording

記録のID

Long

1

verbose

冗長データを出力します

Boolean

False


A.2.3 JFR.stop

JFR.stop診断コマンドは、実行中のフライト記録を停止します。表A-3に、このコマンドで使用可能なパラメータの一覧を示します。

表A-3 JFR.stop

パラメータ 説明 値の型 デフォルト

name

記録の名前

String


recording

記録のID

Long

1

discard

記録データを破棄します

Boolean


copy_to_file

記録データをファイルにコピーします

String


compress_copy

GZipが「copy_to_file」先を圧縮します

Boolean

False


A.2.4 JFR.dump

JFR.dump診断コマンドは、実行中のフライト記録を停止します。表A-4に、このコマンドで使用可能なパラメータの一覧を示します。

表A-4 JFR.dump

パラメータ 説明 値の型 デフォルト

name

記録の名前

String


recording

記録のID

Long

1

copy_to_file

記録データをファイルにコピーします

String


compress_copy

GZipが「copy_to_file」先を圧縮します

Boolean

False