ヘッダーをスキップ
Java Platform, Standard Edition Java Flight Recorderランタイム・ガイド
リリース5.4
E59385-03
  目次へ移動
目次

前
 
次
 

はじめに

このドキュメントでは、Java Flight Recorderのランタイム実装について説明し、ツールを使用するための手順を示します。


注意:

Java Flight Recorderを本番で使用するには、商用ライセンスが必要です。商用機能の詳細とそれらを有効化する方法については、http://www.oracle.com/technetwork/java/javaseproducts/にアクセスしてください。

対象読者

このドキュメントの対象読者は、Java Flight Recorderのアーキテクチャおよびランタイム実装に関する概要を必要とするJava開発者やサポート・エンジニアです。読者には、Javaプログラミング言語に関する基礎知識があることを前提としています。

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティへの取り組みについては、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)にアクセスしてください。

Oracleサポートへのアクセス

サポートを購入したオラクル社のお客様は、My Oracle Supportを介して電子的なサポートにアクセスできます。詳細は、http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=info、聴覚に障害があるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。

規則

このドキュメントでは次のテキスト規則が使用されます。

規則 意味
太字 太字文字は、アクションが関連付けられたグラフィカル・ユーザー・インタフェース要素、またはテキストや用語集で定義された用語を示します。
イタリック イタリック文字は、書籍のタイトル、強調、またはユーザーが特定の値を指定するプレースホルダー変数を示します。
モノスペース モノスペース文字は、段落内のコマンド、URL、例内のコード、画面に表示されるテキスト、またはユーザーが入力するテキストを示します。