モジュール java.base
パッケージ java.lang

インタフェースStackWalker.StackFrame

    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド デフォルト・メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      int getByteCodeIndex()
      このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むCode属性のコード配列へのインデックスを返します。
      String getClassName()
      このスタック・フレームによって表されるメソッドの宣言クラスの「バイナリ名」を取得します。
      Class<?> getDeclaringClass()
      このスタック・フレームによって表されるメソッドのClassの宣言を取得します。
      default String getDescriptor()
      「Java Virtual Machine仕様」で定義されているこのスタック・フレームによって表されるメソッドのdescriptorを返します。
      String getFileName()
      このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むソース・ファイルの名前を返します。
      int getLineNumber()
      このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むソース行の行番号を返します。
      String getMethodName()
      このスタック・フレームによって表されるメソッドの名前を取得します。
      default MethodType getMethodType()
      このスタック・フレームによって表されるメソッドのパラメータ型と戻り値の型を表すMethodTypeを返します。
      boolean isNativeMethod()
      このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むメソッドがネイティブ・メソッドである場合は、trueを返します。
      StackTraceElement toStackTraceElement()
      このスタック・フレームのStackTraceElementを取得します。
    • メソッドの詳細

      • getClassName

        String getClassName()
        このスタック・フレームによって表されるメソッドの宣言クラスの「バイナリ名」を取得します。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表されるメソッドの宣言クラスのバイナリ名
        Java™言語仕様:
        13.1 バイナリの形式
      • getMethodName

        String getMethodName()
        このスタック・フレームによって表されるメソッドの名前を取得します。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表されるメソッドの名前
      • getDeclaringClass

        Class<?> getDeclaringClass()
        このスタック・フレームによって表されるメソッドのClassの宣言を取得します。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表されるメソッドのClassの宣言
        例外:
        UnsupportedOperationException - このStackWalkerOption.RETAIN_CLASS_REFERENCEで構成されていない場合。
      • getMethodType

        default MethodType getMethodType()
        このスタック・フレームによって表されるメソッドのパラメータ型と戻り値の型を表すMethodTypeを返します。
        実装要件:
        デフォルト実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。
        戻り値:
        このスタック・フレームのMethodType
        例外:
        UnsupportedOperationException - このStackWalkerOption.RETAIN_CLASS_REFERENCEで構成されていない場合。
        導入されたバージョン:
        10
      • getDescriptor

        default String getDescriptor()
        「Java Virtual Machine仕様」で定義されているこのスタック・フレームによって表されるメソッドのdescriptorを返します。
        実装要件:
        デフォルト実装はUnsupportedOperationExceptionをスローします。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表されるメソッドの記述子
        導入されたバージョン:
        10
        関連項目:
        MethodType.fromMethodDescriptorString(String, ClassLoader), MethodType.toMethodDescriptorString()
        Java™仮想マシン仕様:
        4.3.3 メソッド・ディスクリプタ
      • getByteCodeIndex

        int getByteCodeIndex()
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むCode属性のコード配列へのインデックスを返します。 コード配列は、メソッドを実装するJava Virtual Machineコードの実際のバイト数を示します。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むCode属性のコード配列へのインデックス。メソッドがネイティブの場合は負の数。
        Java™仮想マシン仕様:
        4.7.3 Code属性
      • getFileName

        String getFileName()
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むソース・ファイルの名前を返します。 一般的に、これは「Java Virtual Machine仕様」で定義されている関連するclassファイルのSourceFile属性に対応します。 一部のシステムでは、名前は、ソース・リポジトリ内のエントリなど、ファイル以外のソース・コード単位を参照することがあります。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むファイルの名前、またはこの情報が利用できない場合はnull
        Java™仮想マシン仕様:
        4.7.10 SourceFile属性
      • getLineNumber

        int getLineNumber()
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むソース行の行番号を返します。 一般的に、これは「Java Virtual Machine仕様」で定義されているclassファイルのLineNumberTable属性から導出されます。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むソース行の行番号、またはこの情報が利用できない場合は負の数。
        Java™仮想マシン仕様:
        4.7.12 LineNumberTable属性
      • isNativeMethod

        boolean isNativeMethod()
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むメソッドがネイティブ・メソッドである場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このスタック・フレームによって表される実行ポイントを含むメソッドがネイティブ・メソッドである場合はtrue
      • toStackTraceElement

        StackTraceElement toStackTraceElement()
        このスタック・フレームのStackTraceElementを取得します。
        戻り値:
        このスタック・フレームのStackTraceElement