モジュール jdk.compiler

「システムJavaコンパイラ」とそのコマンドライン相当のjavacの実装を定義します。

javac

このモジュールは、ToolProviderおよびToolサービス・プロバイダ・インタフェース(SPI)を使用してjavacへのコマンドライン・アクセスと同等の機能を提供し、JavaCompiler SPIを介してより柔軟なアクセスを提供します。

ツールのインスタンスは、ToolProvider.findFirstまたは"javac"という名前の「サービス・ローダー」を呼び出すことによって取得できます。

さらに、JavaCompilerから取得されたJavaCompiler.CompilationTaskのインスタンスは、Abstract Syntax Tree (AST)のようなjavacの低レベルの側面にアクセスするためにJavacTaskにダウン・キャストすることができます。

このモジュールは、FileSystemProvider APIを使用してファイルシステム・プロバイダを特定します。 特に、これは、コンパイラがJARファイルを読み取れるようにするには、jdk.zipfsモジュールのようなjarファイルシステム・プロバイダを使用可能にする必要があることを意味します。

ツール・ガイド:
javac

モジュール・グラフ:
jdk.compilerのモジュール・グラフjdk.compilerのモジュール・グラフ
導入されたバージョン:
9