モジュール jdk.scripting.nashorn
パッケージ jdk.nashorn.api.scripting

クラスScriptObjectMirror

  • すべての実装されたインタフェース:
    Map<String,​Object>, Bindings, JSObject

    @Deprecated(since="11",
                forRemoval=true)
    public final class ScriptObjectMirror
    extends AbstractJSObject
    implements Bindings
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    Nashorn JavaScriptスクリプト・エンジンとAPIおよびjjsツールは、将来のリリースでこれらを削除する目的で非推奨になりました。
    指定のNashornスクリプト・オブジェクトをラップするミラー・オブジェクト。
    導入されたバージョン:
    1.8u40
    • ネストされたクラスのサマリー

      • インタフェース java.util.Mapで宣言されたネストされたクラス/インタフェース

        Map.Entry<K,​V>
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object callMember​(String functionName, Object... args)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      メンバー関数のコール
      boolean delete​(Object key)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このオブジェクトからプロパティを削除します。
      ScriptObjectMirror freeze()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ECMA 15.2.39 - freezeの実装。
      String[] getOwnKeys​(boolean all)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      オブジェクトに関連付けられている独自のプロパティ・キーの配列を返します。
      Object getOwnPropertyDescriptor​(String key)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ECMA 8.12.1 [[GetOwnProperty]] (P)
      Object getProto()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このオブジェクトの__proto__を返します。
      static boolean identical​(Object obj1, Object obj2)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定のオブジェクトは同じ配下のオブジェクトにミラー化されますか。
      boolean isExtensible()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このスクリプト・オブジェクトが拡張可能かどうかをチェックします
      boolean isFrozen()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このスクリプト・オブジェクトが固定されているかどうかをチェックします
      boolean isSealed()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このスクリプト・オブジェクトがシールされているかどうかをチェックします
      static boolean isUndefined​(Object obj)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定のオブジェクトがECMAScript未定義の値かどうかをチェックするユーティリティ
      ScriptObjectMirror preventExtensions()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このスクリプト・オブジェクトを拡張不可としてフラグを設定します
      ScriptObjectMirror seal()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      ECMAScript 15.2.3.8 - sealの実装
      void setIndexedPropertiesToExternalArrayData​(ByteBuffer buf)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      Nashorn拡張: setIndexedPropertiesToExternalArrayData。
      void setProto​(Object proto)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このオブジェクトの__proto__を設定します。
      <T> T to​(Class<T> type)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このスクリプト・オブジェクトを指定のタイプに変換するユーティリティ。
      static Object unwrap​(Object obj, Object homeGlobal)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーをアンラップします。
      static Object[] unwrapArray​(Object[] args, Object homeGlobal)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーの配列をアンラップします。
      static Object wrap​(Object obj, Object homeGlobal)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合は指定のオブジェクト上でスクリプト・オブジェクト・ミラーを作成します。
      static Object[] wrapArray​(Object[] args, Object homeGlobal)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合はオブジェクトの配列をスクリプト・オブジェクト・ミラーにラップします。
      static Object wrapAsJSONCompatible​(Object obj, Object homeGlobal)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      必要な場合は指定のオブジェクト上でスクリプト・オブジェクト・ミラーを作成します。
    • メソッドの詳細

      • callMember

        public Object callMember​(String functionName,
                                 Object... args)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        メンバー関数のコール
        パラメータ:
        functionName - 関数名
        args - 引数
        戻り値:
        関数の戻り値
      • setIndexedPropertiesToExternalArrayData

        public void setIndexedPropertiesToExternalArrayData​(ByteBuffer buf)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        Nashorn拡張: setIndexedPropertiesToExternalArrayData。索引付きプロパティを指定のnio ByteBufferから公開します。
        パラメータ:
        buf - 外部バッファ - nio ByteBufferです
      • delete

        public boolean delete​(Object key)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このオブジェクトからプロパティを削除します。
        パラメータ:
        key - 削除するプロパティ
        戻り値:
        削除が成功したかどうかを示します
      • getProto

        public Object getProto()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このオブジェクトの__proto__を返します。
        戻り値:
        __proto__ object。
      • setProto

        public void setProto​(Object proto)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このオブジェクトの__proto__を設定します。
        パラメータ:
        proto - このオブジェクトの新しいproto
      • getOwnPropertyDescriptor

        public Object getOwnPropertyDescriptor​(String key)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ECMA 8.12.1 [[GetOwnProperty]] (P)
        パラメータ:
        key - プロパティ・キー
        戻り値:
        このオブジェクトに指定された独自のプロパティのプロパティ記述子、指定されていない場合は未定義のプロパティ記述子を返します。
      • getOwnKeys

        public String[] getOwnKeys​(boolean all)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        オブジェクトに関連付けられている独自のプロパティ・キーの配列を返します。
        パラメータ:
        all - 列挙不能のキーを含む場合はtrue。
        戻り値:
        キーの配列。
      • preventExtensions

        public ScriptObjectMirror preventExtensions()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このスクリプト・オブジェクトを拡張不可としてフラグを設定します
        戻り値:
        拡張不能にされた後のオブジェクト
      • isExtensible

        public boolean isExtensible()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このスクリプト・オブジェクトが拡張可能かどうかをチェックします
        戻り値:
        拡張可能な場合はtrue
      • seal

        public ScriptObjectMirror seal()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ECMAScript 15.2.3.8 - sealの実装
        戻り値:
        シール済スクリプト・オブジェクト
      • isSealed

        public boolean isSealed()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このスクリプト・オブジェクトがシールされているかどうかをチェックします
        戻り値:
        シール済の場合はtrue
      • freeze

        public ScriptObjectMirror freeze()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        ECMA 15.2.39 - freezeの実装。 このスクリプト・プロジェクトを固定
        戻り値:
        固定スクリプト・オブジェクト
      • isFrozen

        public boolean isFrozen()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このスクリプト・オブジェクトが固定されているかどうかをチェックします
        戻り値:
        固定されている場合はtrue
      • isUndefined

        public static boolean isUndefined​(Object obj)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定のオブジェクトがECMAScript未定義の値かどうかをチェックするユーティリティ
        パラメータ:
        obj - チェック対象のオブジェクト
        戻り値:
        'obj'がECMAScript未定義の値の場合はtrue
      • to

        public <T> T to​(Class<T> type)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このスクリプト・オブジェクトを指定のタイプに変換するユーティリティ。
        型パラメータ:
        T - 変換する変換先タイプ
        パラメータ:
        type - 変換する変換先タイプ
        戻り値:
        変換されたオブジェクト
      • wrap

        public static Object wrap​(Object obj,
                                  Object homeGlobal)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合は指定のオブジェクト上でスクリプト・オブジェクト・ミラーを作成します。
        パラメータ:
        obj - ラップ/変換されるオブジェクト
        homeGlobal - このオブジェクトが属するグローバル。
        戻り値:
        ラップ/変換されたオブジェクト
      • wrapAsJSONCompatible

        public static Object wrapAsJSONCompatible​(Object obj,
                                                  Object homeGlobal)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合は指定のオブジェクト上でスクリプト・オブジェクト・ミラーを作成します。 objがJavaScript Arrayオブジェクトの場合、作成されたラッパーはJava Listインタフェースを実装します。これはJava JSONライブラリが必要とする処理と互換性があります。 プロパティによって(推移的に)取得された配列は、リスト・インタフェースも実装します。
        パラメータ:
        obj - ラップ/変換されるオブジェクト
        homeGlobal - このオブジェクトが属するグローバル。
        戻り値:
        ラップ/変換されたオブジェクト
      • unwrap

        public static Object unwrap​(Object obj,
                                    Object homeGlobal)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーをアンラップします。
        パラメータ:
        obj - アンラップされるオブジェクト
        homeGlobal - このオブジェクトが属するグローバル
        戻り値:
        アンラップされたオブジェクト
      • wrapArray

        public static Object[] wrapArray​(Object[] args,
                                         Object homeGlobal)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合はオブジェクトの配列をスクリプト・オブジェクト・ミラーにラップします。
        パラメータ:
        args - アンラップされる配列
        homeGlobal - このオブジェクトが属するグローバル
        戻り値:
        ラップされた配列
      • unwrapArray

        public static Object[] unwrapArray​(Object[] args,
                                           Object homeGlobal)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        必要な場合はスクリプト・オブジェクト・ミラーの配列をアンラップします。
        パラメータ:
        args - アンラップされる配列
        homeGlobal - このオブジェクトが属するグローバル
        戻り値:
        アンラップされた配列
      • identical

        public static boolean identical​(Object obj1,
                                        Object obj2)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定のオブジェクトは同じ配下のオブジェクトにミラー化されますか。
        パラメータ:
        obj1 - 最初のオブジェクト
        obj2 - 2番目のオブジェクト
        戻り値:
        obj1とobj2が同一のスクリプト・オブジェクトまたはそのミラーの場合はtrue。